白石さんファミリー
自社専属の大工職人がいること。これが何よりの決め手です。

白石さんファミリー

お引渡し当日、福岡県筑紫野市の白石様邸を訪ねました。白石様は、ご結婚された時にはすでにご夫婦とも家を建てることを決めていたそうで、土地が見つかり次第すぐに家づくりをスタートする予定だったそうです。そこで気になるのが建築会社の探し方ですが、デザインや性能で探すのではなく、なんと自社専属の大工職人がいるかどうかで探していたとのこと。また、偶然にも当社のオーナー様が職場の上司だったことも重なり、当社での家づくりを決心されたお客様です。そんな白石様に、福岡工務店で建てた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

ご主人:結婚したことがきっかけですね。その時から家を建てるなら早い方がいいと思っていました。
奥さま:ずっと賃貸住宅に住み続けるのは家賃がもったいないですからね。本当はもう少し早く家を建てたかったくらいなんですけど、なかなか希望通りの土地が見つかりませんでした(笑)。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:ちゃんとした家に住みたかったので、家を建ててくれる大工さんが自社専属のところがよかったんです。それで、インターネットで探したら、福岡工務店さんが出てきました(笑)。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

奥さま:一応、hit総合住宅展示場と西鉄ホームは少し見に行きました。でも結局、他の建築会社は一社も検討していないです。
ご主人:最初、福岡工務店さんに話を聞きに行ったときは、他社も必ず見てくださいと言われたので、他のハウスメーカーや工務店も見ることになるのかなと思ってはいたんですけどね。
奥さま:ぜんぜん見ませんでした。福岡工務店さん以外に見積りを取ったところはないですね(笑)。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


奥さま:やっぱり、自社専属の大工さんがいることに尽きます。あと、職場の上司が福岡工務店さんで家を建てていることが分かったので、それも決めた理由の1つですね。
ご主人:それで、実際に福岡工務店さんを訪ねてみたら、皆さんいい人ばかりでした。朴さんから、池田さんから、本当に親身になって対応してくれて。それも大きかったです。
奥さま:小耳に挟んだんですけど、だいたい皆さん、間取りプランを作って見積りを出してもらうことを2~3社くらいされるそうですね。1社でも大変なんで、3社ともなると本当大変そうだなと思います。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:玄関が暗いのが嫌でした。でも、いよいよ自分たちの家が建つとなったら、どうせ後少しの我慢だからと思えて不満はなくなってきましたね(笑)。
奥さま:私は、前の家の間取りは好きだったんですよ。だから、新居の設計に結構活かしているんです(笑)。
ご主人:独身時代に住んでいた家のことで言うと、壁が薄いのが不満でしたね。隣の部屋の音がよく聞こえてきました。ということは、こちらが立てる物音や話し声も隣に聞こえているということなんで、それも不満でしたね。

新しい家で、その不満は解決できそうですか?

奥さま:できます(笑)。新しい家は玄関が常に明るいから嬉しいです。玄関ホールを吹き抜けにしたから、余計にそう思いますね。
ご主人:玄関の雰囲気は家が完成して最初に「おっ!」と思いました。壁とドアを白で統一したことも、より明るさを感じさせる要素になっていると思います。あと気密性が高いので、隣の家の物音や話し声が気になることもないと思います。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:無いことはないですけど、私よりも妻の方が苦労したと思います(笑)。
奥さま:私はお金のことかな。お金のことはよくわからなかったです。今でも、わかってない部分があります(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。


奥さま:さっき言ったお金のことですかね。例えば、これにいくら、ここにいくらという細かい部分がわかりづらいところですね。基本的に、契約した時の金額からの差額という形でしか出てこないので、じゃあ、どれを削ったら予算内におさまるのかなというのがわかりにくかったです。契約額から引いていく形ではなくて、逆に何にいくら、何にいくらというふうに積み上げていく形で示してもらった方がわかりやすかったのかなと思います。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

奥さま:現場監督には色々なことをお願いして対応してもらいました(笑)。
ご主人:こんなにたくさん言ってしまっていいのかなと思いながら、いつも「大丈夫です!」とこたえてくれたので、ついつい甘え過ぎてしまいました。こっちが用意した玄関の吹き抜けに取り付けてもらった鏡もありがたかったです。この鏡のおかげで、ぐっと豪華な印象になりました。
奥さま:インテリアコーディネーターの尾田さんは、現場監督に聞くようなことを聞いても、嫌な顔ひとつもせずに何でも教えてくれました。
ご主人:頭が上がりません(笑)。考え過ぎてわからなくなったときは、たぶん尾田さんに丸投げした感じになってしまったと思います。それでも、ちゃんと答えを返してくれました。
奥さま:尾田さんのアドバイスのおかげで、全体のカラーコーディネートもカッコよくなったと思います。キッチンもすごく気に入っています。
ご主人:壁紙のチョイスや折り上げ天井なんかも、うまく決まりましたね。
奥さま:コンシェルジュの池田さんは、一番初めに説明を受けた時に、外断熱のことを熱心に話してくれたことを覚えています。
ご主人:初めは若い方ということもあって少し不安だったんですけど、話を聞いてるとしっかりしてることがわかって安心しました(笑)。私たちがあまりよくわかっていなかった気密についても、わかりやすく説明してくれてありがとうございます。朴さんのプランや間取りも、こちらの希望の特徴をつかんで、よく活かしてくれたと思います。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:のんびりテレビを観たいです。東京オリンピックの中継を観るのが楽しみですね。あとは、ゆっくりお風呂につかりたいです。大きいから絶対に気持ちがいいと思います。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:家づくりは、色々なところを見に行ったり、頭もたくさん使うので、ぜひ体力がある若いうちにしたほうがいいと思います。それと、注文住宅は自分たちで決めないといけないことがたくさんあるので、決められることはあらかじめ決めてから臨む方がいいと思います。それによって、家づくりをスタートさせた後の流れが、かなり変わってくると思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年9月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 136.05㎡(41.15坪)
延床面積 100.19㎡(30.30坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください