山口さんファミリー
高気密・高断熱の両方を満たせるのは福岡工務店しかありませんでした。

山口さんファミリー

お引渡し当日、福岡県糟屋郡宇美町貴船の山口様邸を訪ねました。山口様は、お子様の誕生をきっかけに家づくりを考え始めたお客様です。もともとは住宅展示場を中心に20社近く見てまわっていたそうですが、理想とする気密値0.2㎠/㎡以下で建てられる建築会社が見つからなかったそうです。そんな山口様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

ご主人:私たちが結婚したころに、ちょうど嫁の実家が家を建てたんです。それを見て、いつかは私たちもほしいなと思い始めました。それに、子どもが生まれて大きくなった時、今の家だと完全に狭くなるなと思ったんです。
奥さま:私たち2人だけならいいんですけどね。駐車場が遠かったんで、子どもがいると雨の日とか荷物の多いときは本当大変でした。いつかは家の前に駐車場がある家に住みたいなと思っていました。
ご主人:あとは、どうせ建てるならローンの完済時期のことも考えて、なるべく若いうちに建てたいというのがありました。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:福岡工務店さんはインターネットで知りました。最初のころは、断熱性や気密性がいい大手のハウスメーカーをよく見て回っていました。それで一応、地元の工務店もチェックしておこうかなと思って検索したら、福岡工務店さんが出てきたんです。
奥さま:初めに住宅展示場なんかを見出したときから数えると、3年ぐらい前ですね。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:急いでいなかったので、あちこち見て回っていました。たぶん全部で20社ぐらいは行ったと思います。一条工務店さんは、工場見学会にも行きましたね。そこで気密性と断熱性の重要性を教えてもらいました。
奥さま:住宅展示場は、ほとんど見て、あとは建売とかも結構見ていましたね。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


奥さま:一番は、福岡工務店さんの雰囲気が良かったことですね。二つ目は「絶対にうちで建ててください」という押し売りがなかったこと。三つ目は、土地の情報をどこよりも早く教えてくれたことです。
ご主人:私は、まず一つ目に自社施工ということです。大手ハウスメーカーの場合は実際に施工するのは下請ですので、設計や構造がいくらよくても下請の力量によってでき上がりが左右されると思うんです。そのバラつきがどうしても不安でした。もしも不具合があったときも、メーカーの責任なのか下請の責任なのかが曖昧なような気がして、クレーム対応がきちんとできるのかということも心配でした。その点、福岡工務店は自社施工で、かつ技術力も高いというところに惹かれたんです。

二つ目が、さっきも出ましたが高気密・高断熱です。どちらが欠けても快適ではないというのは勉強していたんです。断熱性だけでいえば福岡工務店を上回るところもあったのですが、気密性がいいところというのは大手でも限られていました。あっても、大手でも0.5を下回っているところはあまり見当たらなかったんです。大体0.7ぐらいでしたね。いくら規格化しても、最後は大工さんが頑張らないとよい数値は出ないんだろうなと思いましたよ。私としては、換気がうまく回るように0.2はほしいなと考えていたんです。福岡工務店は平均0.15でしたので、安心してお願いできると思って決めました。

三つ目は、営業の人が現場のことをよく知っていることでした。他のメーカーの営業さんは、カタログを読めばわかることを説明してくるんですけど、池田さんは私の疑問に対して全てその場で即答したくれたので、とても頼りになりました。

まだありますよ(笑)。スタッフの皆さん全員がやりがいを持って仕事をしていて雰囲気がよかったです。自分も一緒に働けたら楽しいだろうなと思うぐらいでした。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:暑いときはとても暑くて、寒いときは逆にとても寒かったことでし、結露にも相当悩みました。棚の中の湿気もひどかったです。
ご主人:やっぱり、駐車場が遠かったことですね。とくに子どもが寝てしまうと、抱き抱えて家まで運ばないといけなかったのが大変でした。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?


奥さま:駐車場については、もう解決されました(笑)。一戸建てなら当たり前なんでしょうけど、すぐそこに車があるのが本当にうれしいです。暑さや寒さについては、一度宿泊体験させてもらった時に、実感できているので、その点も大丈夫だと思います。
ご主人:今日は、外がとても寒いので暖房が必要かと思いましたが、暖房をいれてなくても寒くないので、やっぱり性能はすごいですね。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥さま:空間のイメージをすることが大変でした。図面や3Dの立体デザインを見たりして、ある程度イメージはしていたんですが、実際に家が完成してから「ああ、ここはこんなふうになっていたんだ」とわかったろころもありました。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。


ご主人:耐力パネルや基礎パッキンの件ですね。きちんと直してもらったんですけど、耐力パネルの一部で、釘がめり込んでいるところがありました。あと、パネルの縁に釘が寄り過ぎていたので、そこは増し打ちをしてもらったりしました。たくさんの職人さんが携わるので、難しいところだと思うんですけど、そういった細かい部分で残念だったかなと思います。でも、全体で見ると高いレベルで仕事をされていたので、とくに不安はありませんでした。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:皆さん、とにかく誠実に対応してくれて、家づくりに真剣に取り組んでいらっしゃるなと思いました。初めに池田さんから説明を受けたときも、こちらの時間の都合で「今日は1時間しかないんです」と言ったら、きっちり1時間でわかりやすく説明してもらいました。それに、押し売り感がなかったのもよかったです。「他の建築会社もいろいろな見てもらって、うちがいいと思われたらうちでお願いします」という感じで、知識・対応・レスポンスの早さ・お人柄、どれをとってもとても良かったです。設計の点では、土地の広さの割にめちゃくちゃたくさんの要望を出してしまって、全部は入らないかなと思ったんですけど、ほぼすべて実現できてマジックみたいでした(笑)。さすがプロだなと思いましたよ。
奥さま:コーディネーターの尾田さんには、何でも頼り過ぎてしまって申しわけないぐらいでした。尾田さんがいなければ、この家もこんなにいい感じに仕上がらなかったのかなと思います(笑)。
ご主人:尾田さんには本当感謝しています。家の設計段階から入っていただいて、トータルコーディネートしてもらいたかったぐらいです。
奥さま:現場に子どもを連れていくことが多かったんですけど、子どもが飽きないように気にかけてくれたりとか、職人さん方にも優しくしていただきました(笑)。
ご主人:古藤さんは、現場でとにかく、笑顔で接してくれました。説明も分かりやすかったです。結構、細かい要望を言ったりして、大工さんと調整が大変だろうなと思う事もあったんですけど、フットワークが軽くて、人柄も良くて。すごい上手く現場を回していました。大工職人の田口さんは、すごい大工さんだと思いましたね。複雑な形で軒を出したいという要望に対しても、バッチリこたえてもらえてカッコよくなったのが嬉しいですね(笑)。
奥さま:軒の出は、お金をかけてでもこだわりたい部分だったので、思ったとおりにカッコよく仕上げていただいて感謝です(笑)。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:当たり前のように快適な日々を過ごしていきたいですね。あとは、今までよりも人を招きやすくなったので、友達を呼んでワイワイ楽しくやれたらいいなと思います(笑)。
奥さま:私は、小さいけれど庭ができたのでバーベキューをしたいです。
ご主人:母はガーデニングがやりたいと張り切っていますよ。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:何事も後悔のないように、納得がいくまで見たり聞いたりするほうがいいと思います。決めることがたくさんあるので大変だと思いますが、住宅設備のショールームに一回行って終わりじゃなくて、もう1回くらいは見に行ったほうがいいと思います。見学会にもたくさん参加して、素敵な家をたくさん参考にすることもおススメです。
ご主人:気になるところは全部調べておかないと、後から「やっぱりここはこうしておけばよかったな」とかいうことが出てきてしまうと思います。考え出したらキリがないので優先順位をつけて、「考えられるところはやり尽くしたな」と思えるようにできるのが理想だと思います(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年8月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 177.67㎡(53.74坪)
延床面積 105.37㎡(31.86坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください