脇田さんファミリー
もともと断熱性能の高さに注目していたんですが、良い土地まで紹介してもらい即決しました(笑)。

脇田さんファミリー

お引渡し当日、福岡県大野城市の脇田様邸を訪ねました。脇田様は、もともと断熱性の高い家づくりをお考えで、大手ハウスメーカーとなどを見て回りながら、同時に土地も探されていたお客様です。そんな脇田様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

奥さま:2人目の子どもを妊娠したことがきっかけです。家族が増えるので、古くて手狭なマンションではなくて、もっと広い家でゆったり子育てがしたいなと思いました(笑)。
ご主人:実際に動き始めたのは、去年の夏でした。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:インターネットで検索して見つけました。
ご主人:家を建てようと思ってから、割とすぐに福岡工務店さんのことを知ったという感じですね。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:hit展示場2箇所と個別に行ったのは健康住宅さんですね。福岡工務店さんへ行ったのはその次ぐらいです。あと、セキスイハイムの建売住宅も見に行きました。半ば強引に今からいきましょうみたいな。でも、暑い日にがんばって歩いて見に行ったのに、私たちの理想とはちょっと違った感じでしたね(笑)。
奥さま:フローリングなんかも無難な感じで、普通の一般的なフローリングでした。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:もともと私たちが重視していたポイントは、「外断熱」でした。
奥さま:当時は、大和ハウスさんの外断熱住宅とも比較したりしていたんですけど、大和ハウスさんに紹介してもらった土地がちょっと高かくて。そこで、土地も含めてトータル予算内で建てられる建築会社を探していたんです。
ご主人:そんな時に福岡工務店さんに行きました。もともと、福岡工務店さんが建てる家の断熱性能に注目していたんですが、タイミングよく安くて良い土地を紹介していただき、それで福岡工務店さんに即決したわけです(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥さま:西日がきついのが嫌でしたし、広さにも満足していませんでした。
ご主人:築45年ぐらいの古いマンションで、福岡では分譲マンションの先駆けだったようです。
奥さま:福岡では2番目に古いマンションらしいです。ビンテージマンションとか言うと聞こえはいいけど、設備がみんな古かったですね。
ご主人:内装は全部やり替えたので問題なかったんですけど、共用部分の窓や玄関ドアはやり替えたができなくて。とくに窓は、アルミサッシでシングルガラスだったので、たぶん隙間だらけで、C値を測定したら最悪の数値が出ていたと思います(笑)。そういうところは不満でしたね。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?

ご主人:もちろんです。
奥さま:まだ住んでないですけど、住まなくてもこっちが断然良いです(笑)。内装の感じは前住んでいた時と同じ感じですが、最新の設備は入れました。無理を言って入れてもらったので、嬉しいです(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:一番初めに提示してもらったプランがイメージと違ったので、そこから軌道修正していくのにかなりエネルギーを使ったと思います。
奥さま:申しわけないと思いつつも、大切な家づくりなので、たくさん変更をお願いしました。注文住宅は何でも自分たちで決めるので、その点では予想以上に大変でした。
ご主人:でも注文住宅は、大変なところもありますが、建売にはない造りが出来るっていうとはあると思います。
奥さま:それは、間違いないですね。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

奥さま:できることとできないことを明確にして最初に言ってほしかったです。多分言いにくいことだったと思うんですけど、オブラートに包んで言うから、後からできないってわかって凄く残念に思うことがありました。前任の営業さんの方の話にはなりますけど、現場とのコミュニケーションが足りていないと思いました。
ご主人:他には土地決済が一発で済まなかったり、省令準耐火にするかしないかの確認をちゃんと取らなかったことですね。無事に省令準耐火になったのは良かったですけど、過程の対応が残念でした。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

奥さま:担当が池田さんに変わってからはストレスが無くなりました(笑)。設計の朴さんには何度も設計を変更していただいて申しわけなかったと思いますが、よく付き合ってくださったと思います。
ご主人:大工さんには、あまり会えなかったんですが、最初はいらいない思っていたトイレのニッチとか、提案をもらって作ってもらったんですが、今ではすごく気に入っています(笑)。
奥さま:現場監督の古藤さんは、中を見たいと言ったら快くすぐに対応してくれて、とてもよくしてもらいました。インテリアコーディネーターの尾田さんは私たちの好みを良く汲み取ってくれました。全体的にアウトセットの引き戸が多くなってしまったんですけど、尾田さんに壁から飛び出すドアを吊る部分が目立つのがちょっと嫌かなという話をしたら「天井高とハイドアの高さを一緒にすると目立ちませんよ」と解決策を提案してくれたんです。結果目立たなくなって、とても感謝しています。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:周りを気にせず子どもたちが伸び伸びと走り回れる暮らしをしたいですね。
奥さま:今までがマンションだったので、夜中に走り回ったとしても大丈夫ですもんね(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:できるだけたくさんの建築会社を見て回るのが良いと思います。例えば、建築会社側が提案してくることに対して、これはちょっとイメージが違うと思った時に、自分に知識がなければ代案が出てきませんよね。理想のイメージをちゃんと明確にしておくといいと思います。
ご主人:細かいことですけど、電気のスイッチパネルの位置は先に考えてたほうがいいです。例えば、ドアを開いた時に干渉する部分がないかとかですね。間取りを考えていく段階では、スイッチまでなかなか気が回らないかもしれないですが、早い段階から考えておくべきだと思います。照明とかクロスなんかもそうですね。よく「家は3回建てないと理想の家にならない」と言いますが、3回も建てられる人はそういないと思うので、建てる前の頭の中での細かいシミュレーションが大事だと思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年8月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 149.93 ㎡(45.35 坪)
延床面積 120.51 ㎡(36.44 坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください