池田さんファミリー
福岡工務店で家を建てたリサーチマニアの友達の紹介で、必然的に決めました。

池田さんファミリー

お引渡し当日、福岡市南区柏原の池田様邸を訪ねました。池田様は、賃貸派だったご主人が趣味のバイクを置ける大きなガレージが欲しくなったこときっかけに家づくりを考え始めたお客様です。福岡工務店のことは、当社で家を建てた友人の紹介で知ったそうで、ほぼ他社の建築会社はご覧にならなかったそうです。ただ、家に対するこだわりが強くなかった為、間取りプランを作りだすと大変なことに。そんな池田様に、福岡工務店で家づくりをしてみた感想やスタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

奥さま:もともと私が、家を欲しいって言っていたんです。でも、彼は賃貸派で。ところが、ある日突然、彼の考えが変わったんです(笑)。
ご主人:趣味のバイクを置けるガレージ欲しくなって。それもでかいガレージ。その時もガレージは借りていたんですが、大きいガレージを改めて借りるくらいなら、いっそのことインナーガレージのある一戸建てを建てようと思ったんです(笑)。昔から、ガレージハウスのイメージは頭の中にありました。
奥さま:なのでご覧の通り、リビングと同じ広さです(笑)。
ご主人:それと、私たちは土地から探していたんですが、欲しいと思える土地情報がポンッ!とタイミングよく出てきたことも大きかったです。
奥さま:あとは希望する金額で住宅ローンの審査が通れば建てる。通らなければ諦めようっていう感じで、絶対に建てたいというのはありませんでした。タイミングや良い状況が色々と重なったんだと思います。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:福岡工務店で家を建てた友達の紹介です。リサーチマニアの友だちが紹介するなら大丈夫だろうと思いました(笑)。今から考えても、友達の存在って大きいですよね。人生を動かしますよね。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:建築マニアと他にもう一社。建築マニアは「ガレージハウス」で検索するとすぐに出てくる工務店なので見に行ったんですけど、間取りがちょっと気に入りませんでした。
奥さま:そこは1階のガレージとガラス張りのお風呂が隣接していて、湯船につかりながら愛車が見られる家だったんです。コレクションするタイプの人が住むにはいいけど、うちはお風呂に入りながら車を眺めたりしないよね?って話しました(笑)。
ご主人:僕は、ガレージは外でもいいと思っていたので、リビングとかの生活空間を全部2階に持ってくるのは使い勝手を考えるとちょっと違うなって思いました。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


ご主人:やっぱり福岡工務店で家を建てた友達の紹介ですね。あのリサーチマニアの友達が最終的に選んだところなんだから間違いないだろうと思ったんです。一言で言うと信頼できる友達が紹介してくれた工務店だったから。あとは、運命を感じたこと(笑)。私、福岡工務店さんと過去に1度仕事をしているからですね。
奥さま:私は、事務所のアットホームな雰囲気がすごく好きでした。みなさん子どもに優しくて、遊び相手にまでなってくれて、子連れでも行きやすかったです。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:マンションだったので、周りに気を遣って生活しなければいけませんでした。多分、下の階の人だと思うんですけど、音がうるさいというような内容の手紙がポストに投函されたこともありました。
奥さま:子ども達が走り回るたびに叱らなくちゃいけないので、いつもかわいそうに思っていました。他には冬に発生する窓の結露も悩みの種でしたね。

新しい家で、その不満は解決されましたか?


ご主人:戸建てというだけでなく、周りにあまり家がないところなので、マンションとは違って近所迷惑になるようなことは、もうありません(笑)。
奥さま:私は、今まで古い家にしか住んだことがないんです。住んでいたマンションもそうだし、実家も私が3歳のころに建てた家なんで。だから何もかも新しい家というのは初めてで、ときめいています(笑)。窓が結露しない家も初めてだし、お風呂場に蛇口がなくて、ピッと押したらお湯が出てくるのにも感動しています。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:不安はなかったですけど、間取りはめちゃくちゃ悩みましたね。もともと建てたい家のイメージがなかったので、どんな家にするかを考えるところからでした。まさにゼロベースからのスタートだったと思います。
奥さま:夫は、初めは「何でもいいよ」みたいな感じだったのに、あとからあとからどんどん言い出して(笑)。
ご主人:間取りプランを作っている時もそうですが、建築中にもここをこうすれば良かったみたいなところが色々出てきました。多分、これから住みだしても、きっと色々出てくると思います。でも、今となってはこれで良かったと思いますね。
奥さま:たくさん決めることがあったしね。私なんて、「巾木(はばぎ)の色はどうします?」と聞かれても「巾木って何ですか?」というところから始まったので、現場監督の古藤さんは大変だったと思います(笑)。こんな私たちの家をここまでステキに建てていただいて感謝、感謝です!

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:単純に僕と合わなかっただけかもしれませんけど、初めに担当してもらった営業さんがよくなかったです。でも、問題点を伝えたらすぐに担当を変えてくれたので、そういうフィードバックの早さやフットワークの軽さは逆にいい点だと思います。
奥さま:あとは、とにかく決めなければいけないことが多かったので、建築の予備知識のない私にとっては大変でした。事前に決めなければいけない事柄の一覧表みたいなものがあれば、少しは違ったと思います。
ご主人:知識がなかったので、初めから終わりまでジェットコースターのように猛スピードで進んでいった感じです。僕は仕事柄、ある程度知識があったから良かったけど、妻にはちょっとハードだったかもしれません(笑)。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。


ご主人:福岡工務店の良かったところは、外構なんかの予算を全部含んだ総費用で見積りを出してくれるところですね。中身も親切で分かりやすかったです。よく1000万円台で建つ家とかありますけど、例えば水道引き込み代は別じゃないですか。でも、知らない人は「なんのこっちゃ?」ってなりますよね。建築を知っている人ならいいですけど、知らない人は、お金が後から後からプラスされて、結局トラブルになってしまう。こうしたトラブルは多いですからね。
奥さま:私は、インテリアコーディネーターの尾田さんが良かったです。尾田さんのアドバイスは大きかったですよ。私たちはインスピレーションでどんどん選んでいくタイプなんですけど、随所に尾田さんのキラリと光るアドバイスをもらいました。おかげで内装が全体的にグレードアップしたと思います(笑)。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

ご主人:庭でキャンプですね!そのために敷地内は全て土間コンクリートで覆わずに、土の部分をあえて残しました。
奥さま:大きな木もあるのでツリーデッキなんかも作ってみたいですね。
ご主人:アルプスの少女ハイジに出てくるブランコは、とりあえず作ります!
奥さま:太~いロープでね(笑)。
ご主人:あと、コンクリートシューターですべり台を作ろうと考えています。まさにアウトドアです。ちなみに子どもは、災害が起きてもサバイバルできるように育てようと思っています(笑)。だから、ここはあえてオール電化にはしませんでした。エネルギー源が1つしかないと停電の時なんか困りますからね。
奥さま:お料理も、庭でガンガンしようと思っています。今まで家の中に匂いがつくことを気にして出来なかった焼き肉やタコ焼きなんかも!あと揚げ物も庭でやってみたいですね。
ご主人:そうなると、広いウッドデッキもがもちろん必要ですよね。実は今、デッキ材を色々とピックアップして検討中なんですよ。今度、時間がある時に作りたいと思っています(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:ぜひ、事前に間取りのイメージを(笑)。こうしたいっていうイメージだけは、頭の中に作っておいてください。
奥さま:ふわっとでもいいと思います。あとは、悩み過ぎないことです。直感で「これだ!」と思うものがあれば、それでいいと思います。選ぶものが多いので、考え過ぎるとわかんなくなるから、直感を信じてもいいと思います。
ご主人:あとは、ローコスト住宅のような安い家は「安かろう悪かろう」なことが多いので、「安物買いの銭失い」にならないように気をつけてほしいと思います。その時は、得した気分になっても、結局後から多額の維持費や修繕費が必要になってくるので、家だけ安さを求めずにちゃんと見極めてほしいと思います。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年3月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約528㎡(約159坪)
延床面積 約137㎡(約41坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください