小林さんファミリー
勘違いして行った福岡工務店は、子どもが運んでくれた縁だと思います(笑)。

小林さんファミリー

お引渡し当日。福岡県糸島市の小林様邸を訪ねました。小林様は、もともと福岡工務店で家を建てる予定は全くなかったそうで、なんと勘違いして福岡工務店にお越しになったそうです。ただ、お話しの中で住宅性能の大切さに気付かれ、また当社の住宅性能の高さに魅力を感じていただき、最終的に福岡工務店で家を建てることを決意されたお客様です。そんな小林様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

ご主人:大きなきっかけは、やっぱり子どもの誕生ですね。
奥さま:たしか妊娠して4カ月か5カ月ぐらいの時だった思うんですけど、職場の女性の先輩に「子どもができたなら、家を見に行った方がいいよ」と言われたんです。それで、最初は興味本位でhit住宅展示場に行って家を見て回りました。
ご主人:実は、私たち夫婦2人とも子どもができるまでは、ずっと賃貸住宅の暮らしでもいいと思っていたんです。
奥さま:でも、色々見ているうちに「やっぱりマイホームっていいな」と感じるようになって、自然と家を建てたいと思うようになりました。きっと子どもが運んできてくれた縁ですね(笑)。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:それがおかしいんですよ(笑)。もともと私たちは、福岡工務店とは別の建築会社に行くつもりだったんです。
ご主人:インターネットでちゃんと調べて電話したはずだったんですけどね。でも、電話した時にはまだ、本来行きたかった建築会社の親会社にあたるのが福岡工務店なんだろうなくらいに思ってました。電話したのは、水天宮に安産祈願に行った日の帰り道で、時間があったから、1社建築会社を見て回りたいねということで、電話したと思います。
奥さま:そう、hit住宅展示場以外も見たくて。それで、インターネットで調べてこの建築会社が良さそうだから行ってみようとなりました。まさか、別の建築会社だったなんて思いもよらなかったです(笑)。
ご主人:でも、色々とお話を聞かせてもらって、純粋に福岡工務店の家がいいなと思いました。結局、違う会社と分かったのは、契約を進めている時でしたが、他の建築会社で建てようとは全く思いませんでしたね。
奥さま:今思えば全部、子どもが運んできてくれた縁なような気がします(笑)。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:hit住宅展示場では、積水ハウスと悠悠ホームと一条工務店を見て回りました。あと、会社に行ったのは健康住宅ですね。
奥さま:展示場って、家の1つ1つに番号がついているんですよね。だから1番から順番に回ったんですけど、途中でげんなりしました。
ご主人:そして、回るのを止めました(笑)。
奥さま:「収入はどのぐらいですか」「頭金は」とかってワーって色々聞かれるので、疲れてしまいました。健康住宅は、知り合いの人から勧められたこともあり、話を聞いて良い会社だなと思いました。
ご主人:その中で、福岡工務店は一番最後だったと思います。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。


奥さま:それはやっぱり、営業マンの人柄です。話しやすい方ばかりでした。
ご主人:他のところのように、ガンガン来られなかったのがよかったですね。
奥さま:何か「早く決めないと!」とか「今なら!」とか「ローンはいくらでも大丈夫です!」とか言われても絶対ウソでしょ?って(笑)。
ご主人:だから「ゆっくり選んでください」というスタイルと、押しつける感じが全然なかったのがよかったですね。
奥さま:他のところは怖かったですもん(笑)。バンバン営業電話が掛かってきたり家に来られたりしそうで。1社、糸島で建てたいと考えていることを伝えたんですよ。そしたら「糸島のどこですか?住所を教えてください。見に行きます!」みたいな感じだったので、怖い怖いと思いました。本当、鬼気迫る感じでした(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:収納が少なかったことです。
奥さま:それと夏がめちゃくちゃ暑かったです。
ご主人:夏は暑くなりっぱなし、冬は寒くなりっぱなしでした。
奥さま:あとトイレの換気扇の音がうるさかったです。24時間回りっぱなしの換気扇だったんですけど、結局原因は分かりませんでした。
ご主人:掃除はちゃんとしていたんですけど、においも抜けなかったですね。結露するたびに窓ガラスを拭くのも大変でした。

新しい家で、その不満は解決されそうですか?

ご主人:できそうです。
奥さま:収納は、オーダーメイドの収納を作ってもらったし、収納レッスンもしてもっらので、もうバッチリです。知り合いの家を建てた人に言ったんですよ。収納方法までアドバイスしてもらったって。そしたら「何その会社。めっちゃうらやましい」って言われました(笑)。
ご主人:あと結露もしないと聞いているので、これからの生活が楽しみです。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?


奥さま:たくさんあったような気もしますけど、今となってはもう忘れました(笑)。
ご主人:大きな買い物ですから、ローンのことなども含めてお金のことは不安でしたね。土地が狭かったので、十分な広さの家ができるのかということも心配でした。
奥さま:でも、完成してみると十分広く感じます(笑)。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:家は、福岡工務店にお願いしてできますけど、外構工事は業者と直接やり取りしなければいけなかったので、ちょっと大変でした。外構業者さんが図面と違うことをやっていたりしたので、できれば外構も含めて福岡工務店にお願いできると良かったです。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:みなさん話しやすいスタッフさんばかりでよかったです。何でも遠慮なく聞けるので安心でした。ちょっと聞き過ぎちゃったかもしれませんけど(笑)。
奥さま:コーディネーターの尾田さんにも、本当にお世話になりました。仕事スペースのことも電気のこともすっかり忘れていて、打ち合わせがあった日に夜遅くメールしたんですよ。そしたらすぐに丁寧な返信をくださったのには感激しました(笑)。
ご主人:あと設計プランもよかったです。「下にいる子ども達の様子が階段の上からも見渡せるといいな」とボソッと言ったのを聞いて、イメージ通りにつくってもらいました。

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:ちゃんと収納を使いこなしたいです(笑)。燃えています。初めが肝心ですから。
ご主人:私は、広くてきれいなお風呂にのんびりつかりたいです。
奥さま:ベッドに寝ころがりながら、壁かけ式の薄型テレビを鑑賞したい(笑)。これは見学会に行かなかったら考えつかなかったことです。やっぱり見学会にはたくさん行ってみるべきですね。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥さま:私がちょっと失敗したと思ったのは、トイレを浴室の近くにつくればよかったということです。後から友達に言われたんです。「トイレと浴室が離れているけど、使いにくくない?」って。設計のときは何も考えていなかったんですけど、言われてみれば確かにお風呂に入る前にトイレに行きたくなるなと思って。
ご主人:ずいぶん具体的な話で(笑)。
奥さま:「ああ、そうだよね。」と思われる方は、ぜひトイレを浴室の近くにつくってください(笑)。
ご主人:それと、遠慮なく工務店さんに何でも聞いた方がいいと思います。妻も造作カウンターや造作収納のことをどんどん相談していました(笑)。
奥さま:この棚もテレビボードも、できないかもしれないと思いながら言ってみたらとってもステキに造ってもらえて、おまけに扉までつけてもらえて嬉しいです(笑)。
ご主人:できないことはできないとちゃんと言ってもらえるので、言うだけは何でも言ってみるべきですね(笑)。

木造在来工法2階建て
竣工 2018年3月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約132㎡(約40坪)
延床面積 約97㎡(約29坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください