穴見さんファミリー
他社も見に行って比較してくださいという言葉に、家に対する自信を感じました。

穴見さんファミリー

お引渡し当日。福岡市南区の穴見様邸を訪ねました。穴見様は、当初建売住宅の購入をお考えで、実際に動きだしてからも建売住宅を見に行かれていました。そんな中、当社のグループ会社の不動産福岡を通じて福岡工務店のことをお知りになり、注文住宅で家を建てることを決断されたお客様です。そんな穴見様に福岡工務店を選んだ理由、スタッフの対応などをインタビューしました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください。

ご主人:きっかけは、子どもが生まれたことですね。
奥さま:今まで住んでいたのは、メゾネットタイプの賃貸アパートだったんです。2人で住むには十分な広さだったんですが、子どもが生まれて3人で生活するとなると手狭で、収納も少なかったので、気が付いたら住みづらい家になっていました。
ご主人:アパートに住み始めた時は、子どものことを現実的に考えていなかったんだと思います。だから、きっかけと言えばやっぱり子どものことを考えて、ということになりますね。
奥さま:具体的に家を買おうと考え始めたのは、1人目の子どもが生まれてからになります。

福岡工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥さま:実は最初、建売住宅を買おうと思っていたんです。だから家を買おうと思い始めてからずっと、建売住宅をインターネットで探していました。
ご主人:その時見つけたのが福岡工務店のグループ会社の不動産福岡が取り扱っている建売住宅だったんです。それで、一度話を聞いてみようとなって不動産福岡に伺ったのが最初ですね。
奥さま:その後、建売住宅を何軒か見せてもらいました。でも、あんまり気に入る家がなくて、それで注文住宅の話になって福岡工務店さんのことを教えてもらったという感じです。その後、すぐに福岡工務店の家も見に行きました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?


ご主人:hit住宅展示場のような大きなところには行ってなくて、個別に建売住宅を何軒か見て回ったという感じです。
奥さま:ただ、建売住宅ってどれも必ずなにかを妥協しないといけなくて、一生に一度の買い物だから、どうしても決めきれなかったんです。それに「今日決めないと、ここはすぐになくなっちゃいますよ」なんて言われて、建売住宅の営業マンは信用できないと思っていました。
ご主人:でも、福岡工務店の営業さんは、そんなこと一切言わないし、他のハウスメーカーと比べてお客さんへの対応が断トツに良かったです。だから、家を買うなら福岡工務店に相談したいなと思いました。とくに「一生に一度の高い買い物なんですから、他の建築会社とあれこれ比較して悔いがないように選んでくださいね」と言われた時は、それだけ家づくりに自信があるんだなと思いました。

最終的に、福岡工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:さっきも言いましたが、やっぱり福岡工務店の営業さんの人柄の良さや家づくりに対する自信だと思います。他のハウスメーカーも絶対に見てくださいと言われたのは、とても印象に残っています。それに、お金だけじゃなくて、家全体の比較のポイントを細かく教えてもらえたのは、とても信頼できました(笑)
奥さま:私は、家の性能面です。気密のことなんて、福岡工務店に行くまで全く知らなかったんですけど、聞けば聞くほど気密性の大切さが理解できました。やっぱり子ども達を安心して住まわせるなら、気密性の高さは大切だなと思いました。
ご主人:あとは不動産福岡の高橋さん。とても親身になって一生懸命土地を探してくれました(笑)不動産部門と建築部門のチームワークが目に見えて良かったので、きっと働きやすくて人間関係もいい職場なんだろうなって思っていましたね(笑)

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:もう、とにかく狭かったです(笑)
奥さま:狭い上に、収納も少なかったです。収納が少ないのに、子どもの物がどんどん増えるので、最後のほうは1階がちょっとした物置のようになっていました。あとは、冬の寒さ。玄関からリビングに、すきま風がすごく入ってくるので、冬は本当寒かったです。

新しい家で、その不満は解決できそうですか?


ご主人:はい。広さも十分だし、気密性も高いので、すきま風とは無縁になれると思います(笑)
奥さま:収納もたくさんつくってもらったので、満足です(笑)

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥さま:家づくりの知識が全然なかったので、家の図面の見方から苦労しました。他には、これをしたいなと思っても、構造上できなかったりすることもあって、そういうことを一つ一つ教えてもらいながら、間取りを作っていくことが難しかったです。設計の石田さんには本当お世話になりました(笑)
あと、建築がはじまってからは、選ぶ作業が大変でした。例えば床材にしても、小さい見本の中から選ぶのは難しかったです。タイミングよく完成見学会なんかがあれば実物をイメージしやすくて良かったんですけど、都合よくなかったので、似たような床材を張った実物を確認したりしたんですが、「本当にこれで大丈夫かな?」とちょっと不安はありました。

福岡工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:これといってないんですけど、しいて言えば連絡の問題でしょうか。
奥さま:関わる人が多いので、誰に話すべきかというのは、迷うことがありました。その辺がちょっと難しかったです。

逆に、福岡工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:いい意味で、営業さんが売り込みをしてこないところです。自信があるからこそだと思いました(笑)それに皆さん、優しかったです。
奥さま:私は、営業さんや設計士さん、現場の方々が私たちと一緒になって考えてくれたことが良かったです。私の知り合いに聞くと、他の建築会社では、家づくりに必要な情報を教えてもらえないとか、途中で何か相談しても、もうそれはできませんとスパッと切られてしまうとか、追加費用が発生するとか、そういうことが結構あると聞いていました。それに比べて福岡工務店さんは私たちの思いを受けとめてくれて、「できるかできないか考えてみるところから始めよう」という感じでした。家づくりに対する、基本的なスタンスが本当凄くて、福岡工務店さんだからできることだと思いました。
ご主人:皆さんの人柄のよさを感じましたね。
奥さま:何かお願いしても、ちょっと困ったことが起きても、皆さんが快く私達のためにしてくれるんだなということが分かるような対応だったので、すごくありがたかったです(笑)

今までできなかったことで、新しい家でどんなことをしてみたいですか?

奥さま:今まではアパートだったので隣近所に気をつかって、子どもたちを伸び伸び遊ばせてやることができなかったんですよね。走り回ったり、大きな声を出したりとかは全部ガマンさせてきました。
ご主人:新しい家では庭も結構広くつくれたし、家自体の防音性も高いので、外でも内でもたくさん遊ばせてやれそうです(笑)

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:エアコンや照明器具の大きさや位置は、クロスの色味と合わせてよく考えることをおススメします。私たちは、クロスの色を途中で変更したんですが、そしたらエアコンが妙に浮いたような感じになってしまいました。だから、トータルバランスを考えて家電の位置やクロスの色を決めることが大切だと思います。
奥さま:他には、完成見学会には絶対に足を運ぶことをおススメします。注文住宅は、建売住宅と違って、でき上がりのイメージがなかなかわかないですよね。例えば、建具や床材なんかは、サンプルでは想像するのが難しかったりするので、自分のイメージどおりに選ぶためにも、ぜひ見学会にはたくさん行った方がいいと思います。私も建築前はもちろん、建築中にも見学会へは何回も行って、とても参考になりましたよ(笑)

木造在来工法2階建て
竣工 2018年2月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 約266㎡(約80坪)
延床面積 約115㎡(約35坪)
施工床面積 -

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください