性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

外気に左右されない“外断熱”

sotodannetsu_staff
快適な暮らしに欠かせない断熱性能。福岡工務店では、基礎や柱、屋根などの構造躯体を断熱材で包み込んだ、魔法瓶のような家づくりをしています。

そのため、外の気温が0度以下の真冬日でも、35度以上の猛暑日でも、家の中は常に半袖で生活できる快適な温度を保つことができます。また、家の中で温度差がないので、急激な温度差によって引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞などの「ヒートショック」の軽減にも繋がります。

家は、一生の住まい。老後まで見据えた時に、より健康的に生活できるのが外断熱の住まいです。

 

外断熱住宅の構造と特徴

外断熱工法とは、建物の構造体を断熱材で覆う工法の事を言い、木造の場合、正式には「外張り断熱工法」と言います。

断熱材よりも内側に柱や筋交いなどの家を支える部材がくるため、家を支える構造体が外気の影響を受けないのが外断熱工法です。外と室内の温度差が大きいほど部材は劣化しやすいのですが、そうした劣化を防ぎ、さらには冬場、壁の中で生じる結露も防ぐので、建物全体が長持ちする特徴があります。また、高い気密性によって、冷暖房に必要なエネルギーのロスを最小限に食い止めることができます。

 

冬は断熱効果で暖かさを維持


 

 

夏は遮熱と断熱効果で涼しさを維持

 

サーモグラフィ(赤外線)カメラで一般住宅と比較

目には見えない気密性能や断熱性能。これを見える化できるのが、サーモグラフィ(赤外線)カメラです。これからご紹介する写真は、サーモグラフィカメラを使用し、「一般的な住宅」と「福岡工務店の高気密・高断熱住宅」を比較したものです。

色は、赤から白になるほど高温になっていることを示し、緑から濃い青になるほど低温になることを示しています。撮影日はいずれも2018年8月上旬、35℃以上を記録した猛暑日です。

 

窓付近の温度の変化

住宅で最も熱の出入り(熱伝導)が大きいのが窓。よく壁の断熱性能に目がいきがちですが、この窓を断熱性能の高い窓にすることで、室内の温度を快適に保つことができます。
※下記写真は夏の猛暑を撮影したものです。冬は、逆に冷たい空気が室内に伝わりにくくなります。

<一般的な住宅の場合>

mado_jutaku1

一般的な住宅でよく見かけるのが、アルミサッシ(窓枠)の窓。撮影してわかったことは、アルミサッシは、ベランダと同様に高温を示す白色になっており、そこから室内にいくにつれて徐々に温度が下がっています。つまり、外の熱が窓を通過して室内に伝わっていることを示しています。冬は、逆に冷たい空気が室内に伝わることになります。

<福岡工務店の高性能住宅の場合>

mado_model1

上記のアルミサッシと違い、福岡工務店の高性能住宅では、「樹脂サッシ」を使用しています。撮影してわかったことは、樹脂サッシの場合、すでにサッシの部分で徐々に温度が下がり、室内では低温を示す濃い青色になるということです。つまり、冬でも夏でも室内は、ほとんど外気の影響を受けず、エアコン一台で効率的な冷暖房が可能になります。

 

壁と天井の境目付近の温度の変化

住宅の施工において、最も精度が求められるところ。それが、壁と天井の境目付近です。この境目付近の断熱材や気密処理の施工精度が低いと「断熱欠損」を引き起こし、外気の影響を直接受けることになります。とくに、冬場は断熱欠損した部分で「壁内結露」引き起こし、壁の中でカビが大量発生する要因になります。また、水分の重みで断熱材がズレ下がってしまうこともあり、断熱欠損がますます広がることがあります。

<一般的な住宅の場合>

mado_jutaku3

壁と天井の境目付近が、明らかに高温になっています。つまり、断熱欠損を引き起こしている部分です。冬場は、この付近で壁内結露が発生する可能性があります。

<福岡工務店の高性能住宅の場合>

sumi_model3

わずかに色に変化が生じていますが、ほぼ均等になっています。つまり、隅々まできちんと断熱材が施工され、気密処理も適正におこなわれている証拠になります。

 

外断熱工法のメリットとデメリット

<メリット>

1.ランニングコストを軽減します=光熱費が軽減されエコ住宅になります

気密性が高いため、魔法瓶の様な住宅になります。
冬は、一度家の中の空気を暖めると、暖かい空気が外に逃げにくくなり、家全体が暖かくなります。夏は、一度家の中の空気を冷やすと、冷たい空気が外に逃げにくくなり、家全体が涼しくなります。エアコンをリビングに1つだけ設置すれば、各部屋にエアコンを設置しなくて済みますので、電気代もグーンと軽減できます。

2.結露の心配がなくなります=健康住宅になります

樹脂サッシなどを取り入れると結露の心配がなくなります。
結露は健康をむしばむ原因のひとつで、結露水にカビが発生しそのカビを餌にしてダニが繁殖します。そして、ダニの死骸、糞、カビの胞子などがハウスダストとして部屋中を飛び回ってシックハウス症候群の原因となります。
また、結露水は窓をつたわり窓枠や壁や床を濡らします。それが住宅全体をじわじわと腐食させていきます。カビなどが発生すればもちろんシロアリの被害も受けやすくなり住宅の寿命は極端に短くなっていきます。
外断熱工法は結露対策に有効です詳しくはこちらをクリック

3.気密性が高くなります

気密性が高くなるため防音効果が高くなり、外部の音が遮断されやすくなります。

4.空間が広く使えます

外断熱工法は、屋根裏が室内と同じ環境になるため、屋根裏空間が自由に使えます。
吹き抜けにして天井の高い開放的な部屋にしたり、ロフトにしたりすることができます。屋根裏を有効活用することで、住宅の大きさはそのままで、空間を大きく使う事ができます。
また、壁の中の空間も有効に活用できます。躯体の外側に断熱材があるので、躯体と躯体の間の空間を棚にして利用することができます。

3ie_sotodannetsu08

5.「家」が長持ちします

躯体が外気の影響を受けないため、躯体の損傷が少なく長寿命の家になります。外断熱工法住宅は森林資源の消費を抑制するエコロジーな住まいでもあります。

 

<デメリット>

1.内断熱の家よりも建築費が高くなる。

2.外断熱工法は気密性が高くなるので、換気計画を怠ると湿気が中で蒸れやすくなったりして、湿気がこもり、カビの原因にもなります。

3.気密性が高いため、外の音が聞こえにくくなり、インターホンが壊れているとお客さんが来たのか、わからなくなる事もあります。

4.外断熱は気密性を高くするため、一面ガラス張りなどの巨大な窓を設けにくくなります。設計時の採光計画が大切になります。

 

3ie_sotodannetsu01

3ie_sotodannetsu03

3ie_sotodannetsu04

施工例51施工例67山下さんファミリー施工例モデルハウス相原さんファミリー中村さんファミリー熊本さんファミリー施工例72井上さんファミリー為田さんファミリー永末さんファミリー施工例84施工例87施工例66山上さんファミリー施工例88瀧口さんファミリー施工例40熊谷さんファミリー仲西さんファミリー