結露対策・なぜ結露するのか?

これが内部結露です!

結露により、断熱材にカビが発生

①結露により、断熱材にカビが発生

①結露水が断熱材に浸透して、断熱材が落ちて濡れ布団状態になっている②有害な黒カビが発生

①結露水が断熱材に浸透して、断熱材が落ちて濡れ布団状態になっている②有害な黒カビが発生

 内部結露発生の原因

壁の中などで内部結露が発生する原因は、室内と壁内の温度差と湿気が原因です。

室内と壁内で温度差が生じる状況とは

日本の住宅の99%以上は壁内充填断熱工法(グラスウール等 使用)で建てられています。
充填断熱工法とは、壁内の柱や梁など軸組みの間に断熱材を施工する工法で、主に、繊維系の断熱材を使用しています。
この充填断熱工法により住宅の壁の中に断熱材があることによって、家の外壁と、内側の壁・部屋の温度との差が生じる、という事が起こります。
また、この繊維系の断熱材は水を吸う性質を持っています。

内部結露となってしまうのは?

冬は一般的に、炊事や入浴によって屋外より屋内の方が空気中の水蒸気が多くなっています。
この室内の温かく湿った空気が、防湿・気密性能が不十分な箇所から壁内に侵入すると、外気で冷えた外壁の内側に、温かく湿った空気が当たり冷やされる事で、外壁の内側・壁の中や吸湿した断熱材の内部などで結露(内部結露)となります。

また、結露は冬の季節だけに限らず夏場の”逆転結露”もあります。
外から侵入してきた温かく湿った空気が、エアコンなどで冷えた壁内部の室内側に面する石膏ボード等の壁内側表面で冷やされて結露が発生します。
これは、断熱材の施工不良や計画ミスによって、外の空気が内装下地である石膏ボードまで到達することが原因で、断熱材を隙間なく充填しないといけないという意味はここにあります。

したがって、充填断熱工法では、室内側には防湿層として防湿気密フィルムの完璧な施工が必要となり、同時に断熱材の外側には、水蒸気が断熱材内部に滞留しないように外気に排出しやすくするための通気層、透湿防水シートの施工が極めて重要な工法となります。

このような結露対策の施工がしっかりとなされれば、充填断熱工法も大変メリットがある工法です。

しかし、充填断熱工法の注意点は、前述したような防湿施工には高い技術が必要であるということです。特に繊維系断熱材を使用する場合、この防湿施工が不完全であれば、充填断熱工法には壁内結露が発生する恐れがあります。

このように重要な防湿施工を、正しい知識をもって施工できている職人さんはそれほど多くないのが現状です。

市川さんファミリー石間伏さんファミリー酒井さんファミリー施工例50野副さんファミリー施工例62藤澤さんファミリー田原さんファミリー施工例65吉田さんファミリー荻島さんファミリー石田さんファミリー②花田ファミリー林さんファミリー片山さんファミリー施工例64施工例モデルハウス井上さんファミリー楠田さんファミリー原口さんファミリー