窓・ドアの性能

高性能住宅のサッシ

高性能住宅では特に窓(サッシ)の性能が重要になります。
高性能住宅の場合、建物外皮の断熱性が高いので、壁からの熱の移動よりも、窓からの熱の移動が一番大きくなります。
熱の移動が少ないペアガラスサッシを使用することはもちろんのこと、さらにサッシ枠部分でも熱の移動が少ない「高性能サッシ」を使用しなければなりません。
もし、ペアガラスを使いガラス部分の結露がなかったとしても、通常のアルミサッシ枠を使った窓だと、サッシ枠部分で結露を引き起こします。

福岡工務店では、サッシ枠部分の結露を防止する為、サッシ枠が樹脂でできた「樹脂サッシ」やアルミと樹脂の「複合サッシ」等を使用することをお勧めします。そして、断熱性に優れ・夏の日射を反射させ・UVカット機能により紫外線を防ぐ「遮熱高断熱複層ガラス」を使用することを合わせてお勧めしています。

また、気密が最も損なわれるのもサッシですので、高い気密性能も兼ね備えた高性能サッシを選定することがもっとも重要です。

3ie_madodor01

施工例63施工例64熊谷さんファミリー永末さんファミリー施工例43施工例42藤木さんファミリー菊池さんファミリー山本さんファミリー金子さんファミリー藤澤さんファミリー施工例40為田さんファミリー中本さんファミリー施工例モデルハウス三原さんファミリー楠田さんファミリー酒井さんファミリー瀧口さんファミリー施工例78