高性能住宅の特徴

高性能住宅は、断熱層・気密層である建物外皮部分に最もコストがかかります。同じ床面積の建物でも、建物の形状によって外皮部分の面積に大きな差が発生しますので、そのあたりを考慮した設計が求められます。

高性能住宅の強み

少ない電力で最大の冷暖房効果

正しく設計・施工された高気密・高断熱の高性能住宅の住まいは、室内の温度差がほとんどありません。床下から1階・2階・小屋裏まで、また居室から廊下・トイレ・洗面・浴室までその温度差はわずかです。

普通の家の冷暖房は、単に空気を冷やしたり暖めたりするだけですが、高性能住宅では、空気だけでなく家具や構造材・仕上げ材、そして基礎コンクリートまで建物全体を丸ごと暖めたり冷やたりします。家全体が蓄熱体となり、冬は暖かく夏はヒンヤリとした家になります。

例えば、冬の雪嵐の日に窓を全開にして家の中の空気を全部入れ替えても、輻射熱により寒さを感じることはありません。それゆえ最小のエネルギーで最大の冷暖房効果が期待できます。

大空間でもエアコンは1台で大丈夫です。ただし、エアコンの設置が1階の場合は冬向き(夏場2階が少し暑くなる)となり、2階の場合は夏向き(冬場1階が少し寒くなる)となるため、無理なく冷暖房しようと思えば各階に1台ずつの設置が望ましいでしょう。また広さや間取りによってはそれ以上必要な場合もあります。

エアコンは基本24時間稼働

高性能住宅の冷暖房の基本は、点けたり消したりして一時的に大きな負荷をかけるより連続運転が基本です。家全体が一度蓄熱すればエアコンはほとんど準備運転状態になり結果的に省エネに繋がります。注意が必要なのは、石油ストーブ等の酸素を消費する燃焼系の暖房器具は避けることです(FF式はOK)。高気密住宅は隙間が少ないので24時間計画換気のみでは換気不足になるからです。

高い防音効果

高性能住宅には高い防音効果があります。外の電車や車の音はそれほど聞こえず、ピアノやオーディオの音もそれほど外に漏れません。ただし室内の音はよく響きますので、トイレの位置を居室からできるだけ離す等の考慮が必要になってきます。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください