高性能住宅とは

福岡工務店の高性能住宅

気密性能と断熱性能が一定の基準以上で施工された住宅のことを福岡工務店では高性能住宅と呼んでいます。ここではなぜ福岡工務店がこの高性能住宅を推奨しているかお伝えします。

断熱性能とは保温性能

断熱性能とは、保温性能とも言い換えることができます。つまり性能の良い断熱材をできるだけ厚くすれば、断熱性能が高くなり熱が逃げにくく保温性が増します。

魔法瓶を思い浮かべてください。
「冬」:魔法瓶にお湯を入れると温かさが持続し、やかんやペットボトルに入れたお湯はすぐに冷たくなります。
「夏」:魔法瓶に冷水を入れると冷めたさが持続し、やかんやペットボトルに入れた冷水はすぐに温くなります。

住宅でもこれと同じことが言えます。
しかし住宅の場合、これだけでは高性能住宅とは言えません。なぜならば魔法瓶の蓋が開いていたら、お湯はすぐに冷めてしまい、冷水はすぐに温くなります。蓋がきちんと閉まっている状態が気密性能が高い、つまり隙間がない状態となり最も熱が逃げにくい状態となります。断熱性能が高いことに気密性能が高いことがプラスされて高性能住宅になります。

高性能住宅は省エネ住宅

高性能住宅は家全体を温めるとすぐに温まった状態になり、保温性が良いため冷めにくくなります。従って暖房の熱量が極端に少なくて済みます。夏の冷房も同じで、少ないランニングコストで室内の温度を快適に保ち続けることができます。別名「高性能住宅」「省エネ住宅」とも言われています。

高性能住宅の住み心地

高性能住宅の住み心地は一言で表すと「快適」です。家全体が冬は暖かく夏は涼しいという環境は、実際に体感しなくては分かりません。頭の中で想像するのとは大違いです。これは実際に住んでいる家に訪問する(特に暑い日か寒い日に)、または住んでいる人の話しを聞いてみるのが一番です。

真冬でも床暖房はないのに床はほんのり暖かく、夜中トイレにいくのも苦にならない、脱衣室もお風呂も寒くない。従ってヒートショックを防ぎます。

お客様からは
「梅雨時でも快適、浴室や脱衣室に干した洗濯物は乾燥機等を使わなくても翌朝には乾いている」
「高気密と24時間換気の影響で、食器棚や窓の桟の上にホコリは溜まらないし浴室等でもカビが発生しない」
「家にいるのが楽しい」
「子供が部屋にこもらなくなった」
「家族の会話が増えてみんなが明るくなった」
等々…人それぞれ感じ方は違いますが、これらの「快適性」の感想は実際に住まれた方から頂いたものです。

これらの感想には理由があります。その理由をみなさんご自身で是非体感してみてください。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください