結露への3つの対策

住宅や家族の健康を守るには結露の発生を防ぐことが重要です。そのためには結露の発生条件を揃えないこと(余分な水蒸気を発生させない、水蒸気を外に逃がす、正しい換気を行う)が重要です。また温度差がある所にも結露は発生するので、屋内と屋外との熱を伝える役割をしてしまうヒートブリッジ(熱橋)をなくし、家の中においても温度差が発生する所を極力なくすということも欠かせません。これらの条件を満たせるように福岡工務店では3つの対策を行っています。

3つの対策について

1:外断熱と樹脂サッシによって外気の影響を受けない家づくり

基礎や柱等の構造材の外側に断熱材があるため、外気の温度差で結露が生じることがありません。また熱伝導が少ない高性能樹脂サッシを採用することで窓も結露が発生しません。

2:24時間換気システムで計画通りの空気循環ができる家

福岡工務店では、24時間換気によって湿気を含んだ空気の滞留を防ぎ、屋根裏や床下や押し入れ等の家中の空気が、2時間に1回入れ替わる循環システムを取り入れております。なおこの24時間換気には気密性の確保が非常に重要となります。計画通りの換気性能を確保するためにはC値(気密値)を0.7以下が絶対条件です。

3:高い施工精度によるヒートブリッジの除去

断熱や気密が途切れた断熱欠損した部分では、室内と屋外で熱が伝わるヒートブリッジ(熱橋)が生まれ、室内と屋外の温度差によって結露が発生します。福岡工務店では、断熱材を切れ目なく施工し、高い気密性能を確保。ヒートブリッジを取り除いています。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください