eye_3ie_09

結露対策・怖い住宅の結露

怖い住宅の結露!子ども・家族の健康に大敵!

~外張り断熱工法が有効~

なぜ、結露が怖いのか?

まず、結露とは?

空気中には水蒸気という水分が含まれています。
空気は、温度が高いほどたくさんの水蒸気を含む事ができ、温度が低いと水蒸気を含む容量が小さくなります。そして、水蒸気を多く含んだ温かい空気が冷えて冷たい空気になる過程で、空気中に含みきれなくなった水蒸気が水滴に姿を変えて現れたもの…これが「結露」です。

住宅での結露というと…

住宅での結露というと、窓ガラスやサッシについた水滴を思い浮かべると思います。

窓ガラス一面にびっしりと結露してる状態

窓ガラス一面にびっしりと結露してる状態

 

住宅の窓に結露が出るのは、冬場外気で冷えた冷たい窓に、室内の暖かく湿った空気が触れて冷やされることによって、含みきれなくなった水蒸気が室内側の窓ガラスやサッシに水滴となって現れるからです。このような結露は、発生箇所によっては放っておくとカビが発生してしまい、内装材はがれの原因になります。

そして、結露には窓ガラスやサッシの表面にできるものより、さらに「怖い結露」があります。

住宅の本当に怖い結露とは…

それは、建物の構造体の内部(壁の中や床下など)に発生する結露です。

≪結露の種類 ~発生箇所による分類~≫
結露の種類は分類方法によって様々ありますが、ここでは発生箇所による分類での2種類を説明します。

1.表面結露 = ガラスや壁など物の表面、見える所で発生する結露

一般的に結露というと、この表面結露を指します。
冷えた生ビールジョッキの表面についた水滴。
お風呂場の鏡についた湯気による水滴。
寒い季節に住宅の窓やサッシについた水滴。
これら、物の表面についた水滴が表面結露です。

2.内部結露 = 壁の中や天井裏、床下などの見えない所で発生する結露

床下・畳の下・押入れの床下や壁の中・住宅にとって大切な柱が入っている壁の中
つまり建物の構造体の内部に発生する水滴が内部結露です。
内部結露は、「壁体内結露」「壁内結露」とも言います。

住宅の「結露」というと、一般的には表面結露の事を言われています。
寒い季節に窓やサッシに水滴がついてない = 表面結露が出ていないから「うちは結露が出てないから安心!」というわけではないんです!!

表面結露は出ていなくても、内部結露が発生していたら…

内部結露は、壁内でのカビの発生原因となります。また、結露=湿気は、木材腐朽菌の発生原因の一つです。
腐朽菌は、温度・湿度・酸素・栄養の4つの条件が整った時に大繁殖します。腐朽菌の胞子は、空気中に常にありますが、原因を一つでも取り除くと発生しなくなります。更に、腐朽菌が木材を分解する際に作られる生成物には、シロアリの誘引作用があるため、木材の腐朽している部分は、シロアリの被害を受ける可能性が高くなると言われています。

このように
本当に怖い結露とは、内部結露(壁内結露)なのです!!

内部結露(壁内結露)が引き起こす、様々な健康被害

~カビの発生~

異臭・ダニの発生、アレルギーなどの健康被害が発生します。

~腐朽菌の発生~

構造材である柱や木材・家の土台を腐食させるため、家の耐久力がなくなります。
また、シロアリの誘引作用があり、シロアリが発生する可能性が高まります。

~シロアリの繁殖~

土台や柱の木材を食べることで木材の強度が落ち、地震に対しての強度も弱くなります。
シロアリの種類によっては柱をつたって、天井など家屋全体に及ぶケースもあります。
実際、阪神・淡路大震災の時は、シロアリによる被害が建物倒壊の一番の要因だったという報告もあるほどです。

結露とは、かわいいお子さん・大切な家族の健康を害し、また家族を守るための大切な家自体の耐久性も奪い、建物の寿命を大きく縮める原因となってしまうとても怖い現象なのです。

施工例48坂田さんファミリー林さんファミリー施工例50相原さんファミリー施工例36田原さんファミリー畠添さんファミリー木田さんファミリー施工例64大里さんファミリー生田さんファミリー施工例55施工例47久場川さんファミリー施工例63藤澤さんファミリー施工例52熊本さんファミリー施工例42