断熱性能を比較するU値とη値

以前、断熱性能はQ値(熱損失係数)とμ値(夏期日射取得係数)等で評価していました。しかしこれらの数値は床面積辺りで計算されるため、床面積の割に外皮面積が増える小さな住宅や複雑な形の住宅は、基準をクリアできず住宅の大きさや形によって不公平が生じていました。

そこで、2013年4月に国土交通省が定める「住宅・建築物の省エネルギー基準」が改正され、外皮面積も考慮した断熱性能を評価する値が定まりました。新たな断熱性能はUA値(外皮平均熱貫流率)とηA値(冷房期の平均日射熱取得率)であり、床面積以外に壁や天井の面積も考慮して算定することにより公平な数値を算定することができました。

国が定めた省エネルギー基準

2013年の省エネ基準で定める値は地域によって異なり、日本全国を8地域(1地域~8地域)に細分化され、それぞれの地域に基準が定まっています。まずは地域別にどんな基準が定められているかチェックしましょう。
※UA値は数値が低いほど断熱性能が高くなります。
※ηA値は数値が低いほど遮熱性能が高くなります。

省エネルギー標準地域区分

日本地図で見る地域区分別の基準

地域区分別の基準を詳細に表したデータ

暑い沖縄では冬の寒さをあまり考慮する必要がないためU値の基準はなく、逆に寒い北海道では夏の暑さをあまり考慮する必要がないためη値の基準はありません。

・UA値(ゆーえー値)
外皮平均熱貫流率の基準値のこと。「住宅の室内から外へ逃げる熱量」を壁や屋根等の外皮全体の面積で平均した値です。

・ηA値(いーたえー値)
冷房期の平均日射熱取得率の基準値のこと。「太陽からの日射量に対する室内に侵入する日射熱の割合」を壁や屋根等の外皮全体の面積で平均した値です。

地域区分 該当する主な都道府県
UA値 ηA値
1 北海道
0.46以下
2
0.46以下
3 青森県、岩手県、秋田県
0.56以下
4 宮城県、山形県、福島県、栃木県、新潟県、長野県
0.75以下
5 茨木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、富山県、石川県、福井県、山梨県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(八女市(旧矢部村)のみ5地域)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
0.87以下 3.0以下
6
0.87以下 2.8以下
7 福岡市(博多区、中央区、南区、城南区)、宮崎県、鹿児島県
0.87以下 2.7以下
8 沖縄県
3.2以下

2020年に基準値を超すことが義務化

ここで注意したいのは2020年に行われる「住宅の省エネ基準の義務化」です。

上記でご紹介したように省エネルギー基準値自体はありましたが、あくまで強制力のない目標値でした。ですが2020年からは基準値を超えていない家は、建築そのものができなくなってしまいます。表を見ると福岡は6地域(一部を除く)のため、省エネルギー住宅と認められるには「U値:0.87以下、η値:2.8以下」にしなければなりません。

福岡工務店では、2020年の「住宅の省エネ基準の義務化」の後も安心して住める高性能住宅を建築しています。

福岡工務店の遮熱と断熱性能

ここからはUA値とηA値に着目し、福岡工務店の家が省エネルギー基準における8段階中、どの基準値を満たしているかご紹介いたします。

断熱性能を表すUA値

※UA値は、数値が低いほど「断熱性能が高く」なります。

福岡工務店の家の平均値は「0.50」、東北の基準値は「0.56」。つまり福岡工務店の建てる家は東北よりも高い断熱性能を備えているということになります。

遮熱性を表すηA値

※ηA値に関しても、数値が低いほど「遮熱性能が高く」なります。

福岡工務店の家の平均値は「1.8」、鹿児島の基準値は「2.7」。つまり福岡工務店の建てる家は鹿児島よりも高い遮熱性能を備えているということになります。

まとめ

ここまでUA値とηA値についてご紹介しました。専門的な知識や、そもそも情報が公開されているか分かりづらいので、単体では比較材料にしづらいかもしれません。ですが2020年の義務化が控えている今だからこそ「平均値を公開しているか」「基準値のことを視野にいれているか」で、安心して暮らせる家を建ててくれる会社か判断することはできます。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください