性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

基礎の断熱・構造

福岡工務店では、基礎の部分まで外断熱にすることをオススメします。

普通の住宅の場合、基礎部分(1階床下)は、基礎立ち上りコンクリート部分の外周に床下換気口(今では基礎パッキン工法が一般的)を設け、床下を自然換気します。しかしそれでは、床下の環境が外気と同じになってしまうため、床下の隙間から室内へ、夏は熱気が、冬は冷気が入り込み、梅雨時は湿気でジメジメしてしまいます。

そこで、床下も室内と同じ環境にするため、基礎の外周部を断熱層・気密層にします。
これを『基礎断熱』といいます。
基礎断熱の場合、「換気」と「気密」が重要になります。24時間計画換気の排気口を床下に設け、床下を常に負圧状態にすることで、冬は室内の暖かい空気が、夏は室内の冷気が、床下に流れ込むようになります。そうすることで、床下も室内と同じ環境になり、構造体が季節を問わず外気の影響を受けないようになり、建物を長持ちさせることができるのです。

3ie_dannetsuseinou_kisonodannetsu01

 

2種類ある基礎断熱工法

基礎断熱の方法には、基礎の内側に断熱材を設置する「①基礎内断熱」と、基礎の外側に断熱材を設置する「②基礎外断熱」とがあります。

福岡工務店では、基礎コンクリートの建物外周部立上がり部分を室内環境と同化・蓄熱させることで、床下の温熱環境を著しく向上させることができる「②基礎外断熱」を採用しています。
しかし、地中からの白蟻の侵入を招きやすいという欠点がありますので、解決策として防蟻材入りの断熱材を使用し、さらに基礎コンクリートのベース全面に特殊な防蟻シートを敷き詰める施工をおこない、しっかりとした対策をとっています。さらに、当初5年間は保証も適応されます(損害額上限300万円の保険付)。また、5年後に点検して異常なければ更新可能です。保険料は、5年分で5,000円(税抜)ですから、費用面でも安心です。

施工例86大田さんファミリー楠田さんファミリー荻島さんファミリー中村さんファミリー施工例82藤井さんファミリー田原さんファミリー原口さんファミリー施工例89施工例42施工例57施工例47草野さんファミリー花田ファミリー久場川さんファミリー山田さんファミリー大里さんファミリー早瀬さんファミリー施工例83