性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

屋根や壁の断熱・構造

断熱材の重要なポイント

断熱材の性能は、「熱伝導率」と「厚さ」で変わります。種類によってそれぞれ特徴・長所欠点があり、施工方法や注意点、またコストもさまざまです。

断熱材は『屋根もしくは天井 ~ 壁 ~ 床下もしくは基礎』まで連続して施工するのが重要なポイントです。すなわち断熱欠損が生じないように施工しなければなりません。また、繊維系断熱材の場合、一般的に防湿フィルムを室内側に施工して水蒸気の浸入を防ぐ必要があります。そして、この防湿層も連続して施工しなければなりません。要は正しい施工が肝心です。

最も普及している繊維系断熱材の袋入グラスウールの場合でも、実際の現場では正しく施工されてあるのは稀で、殆どが雑で間違った方法で施工されています。

外張り断熱の場合、コストは最も高くつきますが、連続した断熱層・気密層の施工が比較的容易で、防湿フィルムは不要になります。専用の気密テープやスプレータイプの簡易発泡ウレタン等で隙間がないように正しく施工すれば、優れた性能が発揮できますが、間違った施工をした場合は、欠陥住宅になる恐れがありますので、特に注意が必要です。

3つの断熱工法

1.グラスウール (当社では施工しません)

グラスウールローコスト住宅など、価格重視の住宅にはこの工法!
建売住宅などのほとんどはこの工法です。

一昔前の断熱材は、ほとんどが繊維系断熱材である「グラスウール」でした。最近では、グラスウール・ロックウール・羊毛等の繊維系断熱材、セルロースファイバー・発泡ウレタン等の現場吹付断熱材等、いろいろな種類の断熱材が普及しています。

2.充填断熱

現場発泡ウレタンフォーム価格も品質も両方重視される方にオススメな工法!
外張り断熱工法よりは劣りますが気密性は高くなります。

断熱材を、壁の場合は柱や間柱の間に、屋根断熱の場合はタルキの間に、天井断熱の場合は天井裏に、床の場合は根太間または大引き間に現場発泡ウレタンフォームを充填して施工する方法を、「充填断熱工法」といいます。

3.外張り断熱工法

外張り断熱工法より良い住環境を考えるとこの工法!
建築の施工精度によって大きく左右されます。

ポリスチレンフォーム・硬質ウレタンフォーム・フェノールフォーム等の板状断熱材を、壁の場合は柱や耐力パネルの外側に、屋根の場合はタルキや野地板の外側に張付けて施工する方法を「外張り断熱工法」といいます。

福岡工務店では、外張り断熱工法をお勧めしております。理由は、グラスウールでは施工時にどうしても隙間ができてしまい、十分な断熱効果を発揮することが難しいからです。詳しくは、こちらをご覧ください。

花田さんファミリー施工例52山下さんファミリー菊池さんファミリー井上さんファミリー坂田さんファミリー早瀬さんファミリー野副さんファミリー施工例56田中さんファミリー下釜さんファミリー施工例47仲西さんファミリー施工例62山内さんファミリー倉掛さんファミリー施工例77施工例88施工例68本岡さんファミリー