性能とデザイン、そして
全国1位の施工技術にこだわる
福岡の注文住宅専門店

一次エネルギー消費量

平成25年4月に国土交通省が定める「住宅・建築物の省エネルギー基準」が改正され、建物全体でエネルギー消費量を減らすことを目的とし、『一次エネルギー消費量』という新たな指標ができました。この指標は、家の性能の他に、冷暖房をはじめ、換気、給湯、照明などの設備機器も考慮して、建築や住宅で用いるエネルギーを熱量換算した値のことです。

先日、私たちが建築した家の一次エネルギー消費量は 374(MJ/m2年)でした。この数値は、同じ大きさの建物で比較すると平成25年省エネ基準では678(MJ/m2年)以下にしなければならないという基準から、大幅に下回りました。

国は住宅についての基準について平成32年には義務化をめざしています。今後、家づくりをする上では、当りまえに計算される値になっていきます。今は、義務化されていない為、一般的な建築会社では計算されていませんが、性能にこだわる私たちは、法律の義務化が無くても積極的に算定しています。

古賀さんファミリー施工例86谷口さんファミリー施工例55施工例72相原さんファミリー施工例56施工例60永末さんファミリー施工例64施工例63井上さんファミリー清家さんファミリー藤井さんファミリー施工例47坂田さんファミリー為田さんファミリー施工例77施工例モデルハウス施工例57