アフターメンテナンス

住宅業界はクレーム産業と言われクレームが非常に多い業界と言われています。特に引き渡し後のアフターのクレームは多く、「引き渡しが終わったら一度も顔を見せに来ない!」などとお客様から言われる施工業者もしばしばあります。

そもそもなぜクレームが多くなるのか?

1つの例として、まずお客様が何か不具合や困ったことがあると営業担当者に連絡をします。すると今まで話したこともないアフター部門の人がやってきます。そして点検や調査をしてもらうのです。こうなると決まりきったことしかやってくれません。

福岡工務店ではこのアフターメンテナンスについて次のようなことを取り組んでおります。

プラン検討から資金計画、そして契約・着工・工事管理・引渡し、ときちんと段階を踏んで進めて行きます。その間、不動産の担当や設計・現場のスタッフなど、長い期間を掛けてお互いの信頼関係を築き上げて行きます(バーベキューや卓球大会、宝満山登山などを一緒にしたりする時もあります)その信頼関係のあるスタッフが直接アフターメンテナンスにお伺いします。

こうすることでお客様もザックバランに不具合や不満を話せて、当社としても「出来る、出来ない」をはっきりお伝えすることができる。またできない場合でも打開策などをスムーズに提案することができます。

スタッフ全員が参加する家づくり

福岡工務店はお客様とのやり取りをするだけの「営業担当者」は採用しておりません。その他にも大手フランチャイズの加盟金や新聞・ラジオ・広告と様々な大々的な宣伝広告費を掛けておりません。少数精鋭で建築計画の段階から携った建築や現場のスタッフが親身になってアフターメンテナンスに取り組んでおります。

アフターメンテナンスについて

お引き渡し後の定期点検は1年・5年・10年に実施。さらに不安なお客様に対してはリクエストにお応えしての点検を随時実施しています。オーナー様専用ダイヤルをご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

※点検により不具合があった場合、別途工事費や材料費が掛かることがあります。

50にも渡る定期点検の箇所

主要な点検箇所
基礎 外壁 屋根
小屋裏 床組・軸組 床(室内) 壁(室内)
外部建具 内部建具 設備 外構
 保安林 公衆用道路 公園 鉄道用地

上記の主要な箇所を対象に、およそ50項目を確認していきます。不具合の箇所やシロアリの発生がないか徹底的にチェックして長く住める住宅を実現します。