電卓とノート

住宅ローン

住宅ローンとは

住宅ローンは、土地や家を購入するときに組む専用のローンです。目的は自宅の購入なので、金利も安く、長期に渡って組むことができます。

現在の住宅ローンは約4800種類あると言われていて、種類や金利などは多数です。
住宅ローンの貸し手は銀行だけではありません。民間の代表は銀行ですが、銀行の中にも大手の都市銀行や地方銀行と分かれます。また、信用金庫やJAバンク、ノンバンク、インターネット系の貸付会社など、たくさんあります。

一方、公的ローンの代表としてフラット35があります。フラット35は、住宅金融支援機構の商品名で、代理店を通して組むことができるローンです。財形住宅融資も公的ローンのひとつで、勤務先の制度として提携している会社もあります。

住宅ローンの選び方や相談方法

銀行の窓口に行き、銀行員に相談するのは、あまりお勧めしません。なぜなら、銀行などの金融機関は自分たちのローンを勧めてきて、他の銀行のローンは勧めないからですその為、比較することができず、銀行員に言われるがままローンを選びがちになってしまいます。

では、具体的にどうするべきかというと、いろいろなところで情報収集して比較することを勧めています。住宅ローンの勉強会やファイナンシャルプランの勉強会なども参考になるとおもいます。時間がなく、効率良くローン先を決めたい方は、私どもの住宅コンシェルジュにお尋ねください。一番良い条件のローンをご紹介させていただきます。

フラット35について

フラット35のメリットは、何といっても全期間固定金利で、ライフプランに合わせた返済計画が立てやすい点にあります。変動金利型は、今後金利が上昇する可能性も考えられます。

とくに、これから子どもの教育費がかかるというような世帯は、実際に教育費の負担が大きくなってきたときに住宅ローンの返済が増えてくると、家計に対する影響が大きくなります。

全期間固定金利型なら返済額は最後まで決まっており、そのような心配がなく余計な心配をする必要がありません。ある程度生活に余裕がある方であれば変動金利型でも構いませんが、そうでない方は将来の金利変動のリスクを十分に考慮する必要があります。

■フラット35のメリット

  1. 最長35年間ずっと固定金利の安心です。資金を融資してもらった時に、返済終了までの金利と返済額が確定するので、長期のライフプランが立てやすくなります。
  2. 銀行などで借りる場合に必要となる「保証料」が不要で、「保証人」も必要ありません。また、繰り上げ返済や、返済方法の変更をおこなう場合でも、手数料が一切かかりません。
  3. 建築する家が、住宅金融支援機構が定める断熱性や耐震性の基準を満たしているか、物件検査があるので、住宅の質を第三者の基準で確保できます。

■フラット35の金利

2018年1月実行金利 借入額30,000,000円の場合

【フラット35】 【フラット35】S
金利Aプラン 金利Bプラン
借入金利全期間 全期間 年1.36% 当初10年間 年1.11%11年目以降 年1.36% 当初5年間 年1.11%6年目以降 年1.36%
毎月の返済額全期間 全期間 89,811円 当初10年間 86,232円11年目以降 88,833円 当初5年間 86,232円6年目以降  89,232円
総返済額 37,720,992円 36,997,942円 37,331,403円
【フラット35】との比較(総返済額) ▲723,050円 ▲389,589

※フラット35団体信用生命保険込
※健康上の理由やその他の事情で団体信用生命保険に加入されない場合は、▲0.2%になります

施工例66施工例51施工例52三原さんファミリー藤澤さんファミリー大石さんファミリー為田さんファミリー坂田さんファミリー石田さんファミリー②金子さんファミリー木田さんファミリー菊竹さんファミリー施工例47施工例79月下さんファミリー施工例72花田ファミリー原口さんファミリー施工例67施工例65