地目

地目について

日本全国の土地には、国によってあらかじめ用途が決められており、(※一部の例外を除く)その用途区分のことを「地目(ちもく)」と言います。地目によっては住宅建築ができない場所もありますので、必ず確認しなければならない重要な項目です。また土地の登記簿に記載されている情報の一つでもあります。

・地目は全部で23種類存在します。

地目の種類
宅地 山林 雑種地 塩田
鉱泉地 池沼 牧場 原野 墓地 境内地
運河用地 水道用地 用水路 ため池 井溝
 保安林 公衆用道路 公園 鉄道用地 学校用地

日本全国の土地には、23種類の内のいずれかの地目が割り振られています。(※一部の例外を除く)この「地目」を見れば、その土地がどんな用途で使えるのかを知ることができます。

チェックポイント
地目は登録されている情報と、現況とのずれが生じやすい項目です。例えば、相続された土地を「宅地」だと思って住宅建築を進めていたら、登記上の地目は「田」や「畑」等の農地で、地目の変更をしないと家が建てられなかったというケースもあります。見た目で家が建てられそうな土地でも、きちんと確認しないと後々大変なことになります。特に市街化調整区域は注意が必要です。

覚えておきたい地目

地目 住宅建築の可否 用途や土地の説明
宅地 住宅用の土地。
山林 人が育てる作業をしていない山林。
★田 不可 農耕地。米、ハス等の用水を「利用して」耕作する土地。
★畑 不可 農耕地。野菜、麦などの用水を“利用しない”で耕作する土地。
★雑種地 場合による 他のいずれの地目にも該当しない土地(駐車場・資材置き場等)

・注意が必要な地目(★印ついているもの)

田・畑:農耕地となり原則として建物を建てることができません。
雑種地:いずれの地目にも該当しない土地。すぐに建物が建てられない可能性があります。

地目の実例

家が建てられるようになる農地転用(解決難易度:★☆☆☆☆~★★★☆☆)

もしこれから家を建てようと思っている土地の地目が「田・畑」だった場合、「農地転用」という方法を取って「宅地」にすることで家を建てられるようになります。

農地転用許可制度(農地法第4条、第5条)は、県知事や指定市町村長等に許可を得て地目の変更をします。また農地転用には農地法第4条、第5条が関わってきます。相談するための窓口や申請先が複数に分かれているので、自力でするにはかなりの労力が必要です。

農地法 許可を申請する者 許可をする者 許可が必要な場合
第4条 農地所有者 県知事
指定市町村長
農地の所有者が農地を転用する場合
第5条 売主と買主 県知事
指定市町村長
農地、採草放牧地を転用するため売買等を行う場合

チェックポイント
農地は日本の食生活にとって必要な生活基盤です。優良な農地を無造作に開発させないため、国によって厳格に管理されています。もし農地転用の許可を受けないで住宅建築をした場合、建物の取り壊しだけでなく、罰則が科せられることもあります。

まとめ

今回は地目に注目して「土地が用途別に分けられていること」についてご説明いたしました。冒頭でお話をしたように「見た目で家が建てられそうな土地でも地目が農地だった」という状態は珍しいケースではありません。少しでもご不安な点があればお気軽にご相談ください。

福岡の注文住宅のことなら
お気軽にご相談ください