ハウスメーカーと工務店の違い

多くの人がイメージするハウスメーカーと工務店の違いをまとめました。

ハウスメーカーの特徴

  • CMがすごい
  • 広告宣伝費が掛かっている
  • 総合住宅展示場の家が素敵でオシャレ
  • モデルハウスは綺麗だが現実的じゃない
  • 大量仕入れにより建材などのコストが抑えられている
  • 1社単独で開発団地を作ることができる
  • 仕事がマニュアル化されている(いい意味でもそうじゃない意味でも)
  • 実際の仕事は下請け会社が行うので中間マージンが建築費に多く乗っている
  • プレゼンテーション用の資料やツールが豊富でしかもカッコいい
  • インターネットなどの口コミ情報がたくさんあるので判断材料が多い
  • 全国区なので社会的信用の確保を重視している
  • 設計だけではなく壁紙や設備仕様などの選択肢が少ない
  • オリジナル性を出そうとすれば、オプションが追加され金額が跳ね上がる
  • 下請け任せでメーカー自体の監督がなかなか現場に来ない

一般的な工務店の小規模、少人数

  • リフォームが中心の小さな仕事を行うイメージがある
    (福岡工務店は新築の注文住宅建築を専門としています)
  • 小規模なので倒産の心配がある
  • 施工エリアが狭い
  • 地域密着
  • 認知度が低く、企業情報が少ないので良い工務店か悪い工務店かが分からない
  • 広告宣伝などの経費を工事代金に上乗せしていない
  • 大工を始めとする職人同士が知り合いでチームワークがよい
  • 施主に向いて仕事をしてくれる
  • 現場監督が全体をよく把握している
  • 大手ハウスメーカーの下請け工事を行っている
    (福岡工務店は下請け工事は一切しておりません。→理由

ハウスメーカー と 良い工務店の比較

チェック項目 ハウスメーカー 工務店
値ごろ感 ×
ブランド力 ×
知名度 ×
自由設計度 ×
財務状況の透明性 ×
建築費以外の経費の上乗せ 多い 少ない
規格性 ×
企画力(1棟毎) ×
オリジナル性 ×
アフターサービスのスピード・細やかさ ×
営業マンの交渉力 ×
値引き率 ×

※上記はあくまでも目安で、ハウスメーカーや工務店毎に様々な特徴があります。
※工務店については良し悪しの差が大きいことが挙げられますので、ここでは「良い工務店」との比較にしてあります。