花田ファミリー

打ち合わせの過程で要望が出てくるものですが、福岡工務店は快く対応してくれました。
インタビュアー:占部
高気密・高断熱住宅<木造2階建て>
竣工 2012年11月
屋根 外張り断熱工法
外張り断熱工法
敷地面積 32.05坪
延床面積 --
施工床面積 39.30坪
2012年12月1日、福岡市南区花畑で花田邸の引き渡しの手続きが行われました。
その直後に、できたてホヤホヤの家に足を踏み入れた感想などをご夫妻にお聞きしました。
インタビュアーは占部です。

新居に足を踏み入れた最初の感想は? どこが気に入り ましたか?

4okyakusamakoe_24hanada-family (4)ご主人 木のにおいがすごく香って、いいなあと思いました。そして明るいなあと思いましたね。

奥様:「これが我が家になるんだ!」と感慨深いです。私のお気に入りは、キッチン前の壁に取り付けた机代わりのカウンター辺り。その上の2枚板の棚は大工さんがすごくこだわって作ってくださったそうなんです。丸みに合うようにと。

ご主人:私は吹き抜けの、二つの大きな窓。流れる雲が見えるんです!

建てようと思った理由は?

4okyakusamakoe_24hanada-family (2)ご主人 今借りている家が、子どもが生まれてから狭く感じるようになったこと。
広い賃貸に引っ越すよりも買った方がいいのかなと思いました。

奥様:老後に年金から家賃を払い続けるよりも、持ち家があった方がいいと考えたのです。またマンションはフローリングなので、子どもの足が冷たくなるのがかわいそうでした。戸建てだったら今みたいに息子が走り回ったり物を落としても、子どもに対して、叱らなくてすむんじゃないかなと思います。

建てる前はどんなことに悩みましたか?

ご主人:悩みというより、不安感。建築業者選びの基準も、金額の基準も分からない。“これくらいの規模の家だったら相場がいくらか?”が分からない。
建売住宅は広告に金額が載っているけど、注文住宅は金額が分かりづらかったです。

建築中の苦労を教えてください。

4okyakusamakoe_24hanada-family (5)

たいき君も、素足の心地よさがわかるようです!

ご主人:現場をなかなか見に来られなかったこと。でも『建築現場リポート』で過程が分かったし、大工さんがすごくしっかりした人だということもリポートから伝わったので良かったです。

奥様:いつまでに何を決めないといけないかということが、事前に分からなかったです。
また夫が日曜日しかいないため、毎週忙しかったです。
私たちにも用事があったりすると、「日曜日に予定を入れてもいいかなあ」と心配でした。
もっと余裕を持って物事を決定したかったなと思います。

新築注文住宅にした理由は?

左上に見えるのが、大工さん作製の棚。 スツールは丸味のあるカウンターに合わせて、新たに購入。

左上に見えるのが、大工さん作製の棚。
スツールは丸味のあるカウンターに合わせて
新たに購入。

ご主人:中古の戸建てを買ってリフォームということも考えたのですが、いろんなところを変えないといけないから、思ったよりお金がかかることが分かりました。
それだったら、自分たちの考えるままにできる注文住宅がいいのかなあと思ったんです。

奥様:私は、玄関からちゃんと居間を通って2階に上がるリビング階段と対面式キッチンを望んだところ、土地担当の占部さんから「それだったら建売ではなく注文住宅の方がいいでしょうね」と言われたんです(笑)。

設計プランは変更なくスムーズに進みましたか?

ご主人:基本は変えてないけど、細かい部分に対していっぱい注文しました。

奥様:私は梁など木が沢山見え過ぎるのが嫌で…。でも見えないのも嫌で、この木視率を分かってもらうのが大変でした。今、この家を見て、ここにこだわって良かったなあと思っています。

ご主人:打ち合わせの過程で要望が出てくるものですが、福岡工務店は快く対応してくれました。

奥様:元々福岡工務店で建てる予定でしたし、要望もプランに反映されましたが、「これだったら別の工務店にすればよかった」というケースもあると思います。これから建てる人にアドバスするなら、「工務店としっかり打ち合わせをした上で契約した方がいいです」と伝えたいです。

奥さまは障子の格子の幅にもこだわりました。 正方形の一般的な幅にはしたくなかったため、雑誌の切り抜きを持参して、設計者と話し合いました。

奥さまは障子の格子の幅にもこだわりました。 正方形の一般的な幅にはしたくなかったため、雑誌の切り抜きを持参して、設計者と話し合いました。

納得いくまでの打ち合わせが大切なのですね。

4okyakusamakoe_24hanada-family (9)

ご主人のお気に入りの、ふき吹き抜けに設けた大きな窓

奥様:私はそこまでこだわるけど、他の人はどうなんだろう。ウチの夫は「だったらもう仕方ない」という人なんで。

ご主人:でも今回、疑問に思ったことは何でも聞いた方がいいなと思いました。そして勉強した方がいいですね。相手(=工務店)は「分っているだろう」という前提で話しますから。「自分たちはこうしたい」というイメージを持っていた方がいいと思います。
でも言葉では伝えにくいから、雑誌とかを見て、切り抜きを持参して「こうしたいです」と言うといいです。僕らもそうやって具体的なイメージを伝えられたんです。

奥様:和室の障子もそうなんですよ。「この製品を取り付けたい」と雑誌の切り抜きを見せ、作ってもらったんです。

~花田さん夫妻からのアドバイス~

◎意匠等の要望を伝えるタイミング

4okyakusamakoe_24hanada-family (7)

木製玩具を飾ることを考えて 階段にニッチを作りました。

数か所にニッチを付けましたが、このほかにも付けたい場所がありました。結果、無理だったんですけど、早く伝えて決めていたらもっと違っていたのかな。
場所によってできる・できないがあるなら、早めの打ち合わせをしたかったですね。

◎必要なもの・不要なものを整理して土地選び

本当は友人が多くいる以前の住まい近くに建てたかったのですが、高額だし、土地が出ない。だからここに決めました。
私、庭は要らないんです。ここは角地だし、建ぺい率も高かったので、土地は広くないけど気に入りました。

◎トータルのコーディネートはプロに

4okyakusamakoe_24hanada-family_thum部屋ごとに「こうしたい」という要望はあっても、家全体で見た時にバラバラで統一感がない…
素人はそうなりがち。

だからインテリアコーディネーターの尾田さんのアドバイスはすごく助かりました。壁紙のことも照明やカーテンのことも私たちには分からないし。

◎「打ち合わせでは納得するまで話し合いましょう!」「疑問に思ったことは何でも尋ねましょう!」

この家の施工の流れを見たい方はコチラ(建築現場レポート)

更新日時 
2017年10月8日
期間限定ショールームのご案内・杉の無垢材をふんだんに使ったナチュラルテイストの家・2017年10月16日(土)から2017年11月12日まで開催中・会場は福岡市南区柏原・お時間は住宅コンシェルジュにご相談ください
uritochi新建築現場リポートLINE@はじめましたbnr_telmail1
原口さんファミリー花田さんファミリー施工例50施工例36山本さんファミリー森山さんファミリー施工例46為田さんファミリー大石さんファミリー新・施工例66竹之内さんファミリー施工例63施工例49井上さんファミリー施工例62下釜さんファミリー山下さんファミリー花田ファミリー山田さんファミリー清家さんファミリー