シックハウス対策

オイルショック以降、石油やあらゆる化学物質から造られた新建材、接着剤や防虫・防カビ剤が多用される合板等が普及し始めました。その結果、“シックハウス症候群”が徐々に広がり始め、平成14年にシックハウス法(※)が施行されることになりました。シックハウス症候群は、“化学物質過敏症”の1つです。
化学物質過敏症とは、化学物質が人間の体内に蓄積されておきる健康被害です。

3ie_shikku01

シックハウス法で初めて、24時間計画換気が義務付けられましたが、それは通気止めをすれば居室のみの換気(1居室の中での給排気)で良く、家全体の換気を目的としてはいません。ホルムアルデヒドの発散量が少ないF☆☆☆☆の建材は、今ではあたりまえです。“F☆☆☆”や“F☆☆”の建材を探すのが大変なくらいです。

本当のシックハウス対策は、法律をクリアするのはもちろんですが、やはり自然素材を多用し、有毒な化学物質が混入されてない接着剤や自然塗料を使用することと、換気の考え方をしっかりもつこと(家全体の換気計画)、結露が発生しない家をつくることに尽きると思います。

シックハウス法

  • ①クロルピリホスという白蟻駆除の薬剤の使用禁止
  • ②ホルムアルデヒドの発散建築材料の使用制限(その他の化学物質の規制はなし)
  • ③居室の24時間機械換気
施工例39井上さんファミリー山下さんファミリー施工例50施工例49田原さんファミリー熊本さんファミリー竹之内さんファミリー施工例63菊竹さんファミリー施工例48中村さんファミリー原口さんファミリー藤木さんファミリー久場川さんファミリー倉掛さんファミリー新・施工例64谷口さんファミリー吉田さんファミリー木田さんファミリー