高性能住宅プラン

高性能住宅の建物は、リビング階段・大きな吹抜け・構造材を見せた勾配天井等、床下から小屋裏まで空間をフルに利用した立体的な大空間の設計が可能です。
吹き抜けを利用して、1階のお母さんと2階の子供たち、さらにロフトルームにいるお父さんとも会話ができます。
家族が、個室に閉じこもることなく、会話の絶えない楽しい・明るい家族関係が築かれます。設計の可能性は大きく膨らみ、必要な壁やドアを省ける為コストダウンも計れます。さらに形状は、なるべく凸凹がないスッキリとした形のほうが、コストは抑えられます。

3ie_kouseinouplan01_2

高性能住宅は、断熱層・気密層である建物外皮部分に最もコストがかかります。同じ床面積の建物でも、建物の形状によって外皮部分の面積に大きな差が発生しますので、そのあたりを考慮した設計が求められます。

少ない電力で最大の冷暖房効果

正しく設計・施工された高気密・高断熱の高性能住宅の住まいは、室内の温度差がほとんどありません。床下から1階・2階・小屋裏まで、また居室から廊下・トイレ・洗面・浴室まで、その温度差はわずかです。

普通の家の冷暖房は、単に空気を冷やしたり暖めたりするだけですが、高性能住宅では、空気だけでなく、家具や構造材・仕上げ材、そして基礎コンクリートまで、建物全体をまるごと暖めたり冷やたりします。
家全体が蓄熱体となり、冬は暖かく、夏はヒンヤリとした家になります。

例えば、冬の雪嵐の日に、窓を全開して家の中の空気を全部入れ替えても、輻射熱により寒さを感じることはありません。それ故、最小のエネルギーで最大の冷暖房効果が期待できます。

大空間でも、エアコンは1台で大丈夫です。
ただし、エアコンの設置が1階の場合は冬向き(夏場2階が少し暑くなる)となり、2階の場合は夏向き(冬場1階が少し寒くなる)となる為、無理なく冷暖房しようと思えば、各階に1台ずつの設置が望ましいでしょう。また、広さや間取りによっては、それ以上必要な場合もあります。

高性能住宅の冷暖房の基本は、点けたり消したりして一時的に大きな負荷をかけるよりも、連続運転が基本です。
家全体が一度蓄熱すれば、エアコンは殆ど準備運転状態になり、結果的に省エネに繋がります。
注意が必要なのは、石油ストーブなどの酸素を消費する燃焼系の暖房器具は避けることです(FF式はOK)。
それは、高気密住宅は隙間が少ないので、24時間計画換気のみでは、換気不足になるからです。

3ie_kouseinouplan02

高い防音効果

高性能住宅には、高い防音効果があります。
外の電車や車の音はそれほど聞こえないし、ピアノやオーディオの音もそれほど外に漏れません。
ただし、室内の音はよく響きますので、トイレの位置を居室からできるだけ離すなどの考慮が必要になってきます。

知花さんファミリー井上さんファミリー施工例54施工例39古賀さんファミリー清家さんファミリー施工例50新・施工例67新・施工例66熊本さんファミリー施工例モデルハウス野副さんファミリー久場川さんファミリー施工例56施工例51市川さんファミリー片山さんファミリー菊池さんファミリー本岡さんファミリー施工例59