eye_2okane_05

資金計画

家を建ててそこに住むためには、全部でいくらかかるのかを正確につかむことが最も重要になります。資金計画に失敗すると、楽しいはずの家づくりが、途中から苦痛と不安になっていきます。失敗しないためには、建物の請負契約の内容・範囲を正確につかむことです。

そのためには、整備された工事仕上表・設計図面・プレゼン資料等が必要で、住宅設備機器等については、ショールーム等で現物を見て、細かいところを納得のいくまで説明を求めることが重要です。
ですが、素人のお客様には判断できないのが普通で、気に入った担当の営業マンを信じたくなるのが現実です。

しかし、担当の営業マンの人間性は良くても、その営業マンに能力がない場合、またその会社に能力やポリシーもない場合は、さらに悲惨な結果になってしまいます。

一般的な建物本体工事以外にかかる費用

一般的な建物本体工事以外に、敷地の状況等によって

  • 造成工事
  • 解体工事
  • 地盤改良工事
  • 外構工事
  • 給水引込み工事
  • 浄化槽工事
  • 屋外給排水工事

等が必要になる場合があります。
また、付帯工事として

  • 空調機器
  • 照明器具
  • カーテン
  • アンテナ
  • LAN工事

さらに、

  • 設計料
  • 確認申請費用
  • 印紙代
  • 各種登記費用
  • 各種保険
  • 印紙代
  • 各種税金
  • 火災保険
  • 住宅ローンに要する費用
  • 地鎮祭・上棟式・引越し等の諸費用

もかかります。
当初の請負契約書や資金計画書からの予算アップや追加工事がなく、楽しい家づくりを実現し成功させるには、充分な打合せを積み重ねることしかありません。

吉田さんファミリー花田さんファミリー林さんファミリー施工例45石田さんファミリー②新・施工例67竹之内さんファミリー金子さんファミリー草野さんファミリー坂田さんファミリー黒松さんファミリー井上さんファミリー為田さんファミリー新・施工例66新・施工例68新・施工例69林さんファミリー施工例42施工例60花田ファミリー