eye_01

第3者検査機関の利用

今では、私たちは第3者検査機関の導入をお勧めしていますが、正直、最初は私たちも、敬遠していました。

おススメするようになったきっかけは、あるお客様から、「第3者検査機関を導入したい」と申し出があってからでした。もちろん、私たちは施工精度に自信を持っていたので、導入することに躊躇いはありませんでした。しかしその反面、「自分たちの施工にが信用できないのか!?」と思い、少し忌避したい気持ちもありました。

しかし、実際に工事が始まり、検査が始まると、何点か指摘事項が上がってきました。その指摘事項の細かさに凄く驚きました。

「自分たちの家は絶対に良い家だ」と言っていた中で、「まだまだ、改善しなければならないことがもっともっとあるんだ」と気が付いたのでした。直営施工の責任施工で家を建てていても、自分たちでも甘い判断をしてしまっているんだと反省しました。それから、何棟も家を建てていくうちに、徐々に改善点が減っていき、施工精度が向上することができたのでした。

施工精度が自分たちの判断ではなく第3者の検査機関によって確認することによって、成長することができたのでした。

住宅建築の第3者検査機関は日本に複数ありますが、私たちがお勧めする第3者検査機関は下記の機関です。

【国土交通省住宅履歴情報登録機関 株式会社ホームリサーチ】
http://www.0120-123-707.com/

この会社は住宅の第3者検査機関として、施主と建築会社の中立な立場を強く守っている会社です。公平中立な立場で、検査業務以外の業務は行わず、欠陥住宅や手抜き工事の検査専門機関です。

中には、建築会社と癒着して実際とは異なった良い検査結果を出す会社や、逆に建築会社側に損害賠償請求をすることを目的として、施主と一緒に建築の粗探しをする会社もあります。その点、ホームリサーチは徹底した検査で欠陥や手抜きを見逃さず、中立な立場で、依頼があった建物1棟1棟に、細かい基準で評価を出し正当な判断をしてくれます。

通常、第3者検査機関を導入しないと、中間検査と完了検査の2回しかありません。しかも、建築する前に提出した『建築確認申請』の通りに施工されているかどうかという、建築基準法の範囲内でしか検査はされません。

その点、ホームリサーチの検査は、中間検査と完了検査を合わせて全部で12回あります。

  • 01.設計図書に関する検査
  • 02.地盤改良の検査
  • 03.基礎配筋の検査
  • 04.基礎出来型の検査
  • 05.土台伏検査
  • 中間検査
  • 06.上棟後1週間程度の検査
  • 07.上棟後2~3週間程度の検査
  • 08.内外装下地検査
  • 09.内部造作の検査
  • 10.完了時の検査
  • 完了検査

第3者検査機関を導入するメリット・デメリット

 メリット

①住宅施工に間違いのない、精度の高い家ができる

②検査報告書などがあると、家の価値が高くなる可能性がある(万が一、その家を売る場合、検査報告書などの施工履歴があると、購入者が安心し、高く売れる可能性がある)

 デメリット

①検査費用が別途かかる(ホームリサーチの場合は約40万円+消費税)

②工期が延びる可能性がある(1回の検査で半日や1日かかる事もあり、工事を中断してしまうことがある為です)

新・施工例67施工例55荒川さんファミリー草野さんファミリー倉掛さんファミリー施工例54施工例60施工例47施工例50田原さんファミリー久場川さんファミリー大石さんファミリー施工例43畠添さんファミリー竹之内さんファミリー市川さんファミリー山田さんファミリー菊竹さんファミリー中本さんファミリー施工例51